Read Article

3GとLTEと4Gの違い!初心者でもわかる簡単チェック

最近、「LTE」と「4G」ってよく聞きませんか?ちょっと前の電波は「3G」だったからちょっとレベルアップしたものかなと思ったんですけど… じゃあ4GとLTEはどう違うんだろうとか思っていると今度は「4G LTE」というのが出てきてわけわからなくなりました^^;

そこで

「3GとLTEと4Gはどう違うの?」


とうい疑問を解決しようと徹底的に調べて見ました。今回はそこでわかった事をシェアしていきますね。


スポンサードリンク


3GとLTEと4Gの違い

◆3G(3rd Generation)
  • 第3世代移動通信システム
  • 通信が遅い
  • 電波が届くエリアが広い
  • 音声通信とパケット通信とテレビ電話ができる
  • 電波が障害物に強い

解説
3G(スリージー)は「3rd Generation」の略で日本語でいうと「第3世代」ということです。これは何かというと簡単にいうと通信規格のくくりですね。

音声通信とパケット通信が出来る電話回線でこれくらいのスピードがあれば3Gですよという具合です。

この3Gは通信速度は遅いのですが電波が障害物に強いので建物の中まで電波が入りやすいです。そして音声通信ができるので電話をする時はこちらの3Gの回線を使います。
◆LTE(Long Term Evolution)
  • 第3.9世代移動通信システムとも呼ばれる(3.9G)
  • 通信が早い
  • 電波が届くエリアは3Gより狭い
  • パケット通信のみできる
  • 電波が障害物に弱い

解説
LTE(エルティーイー)は「Long Term Evolution」の略で日本語で言うと「長期的進化」ということです

LTEは4Gの中の一つの規格ですが今の携帯電話は全部LTEを使っているので「LTE=4G」と言っても間違いではないです。3Gのパケット通信の機能だけ取り出しスピードアップさせた感じです。パケット通信のみが出来るので電話をする時は3G回線に切り替わります。
◆4G(4th Generation)
  • 第4世代移動通信システム(第3.9世代移動通信システム(3.9G)とも呼ばれる)
  • 通信が早い
  • 電波が届くエリアは3Gより狭い
  • パケット通信のみできる
  • 電波が障害物に弱い

解説
4G(フォージー)は「4th Generation」の略で日本語でいうと「第4世代」ということです

LTEのところで説明しましたが「4G=LTE」です。

通信が早い代わりに電波が障害物に弱いので建物の中には電波が入りにくいです。でもそういう時は電波が切れないように4Gが切れたら3Gに繋がるようになっているので安心してください。

まとめ

スマートフォン
まず「4G=LTE」なので3Gと4Gの違いで見ていきましょう。

いろいろある中で一番大きいのはやはりスピードと電波でしょう。電波の特性から通信速度と電波は反比例するようでどちらも一長一短です。でも今の携帯電話はその特性を上手く利用し2つの電波を回線が切れないように切り替えて使っています。だから私たちは建物の中に入っても快適に使えるのですね。


そしてもう一つ。上記の表を見て気が付いたと思うのですが、なにか違和感がありますよね?そうです。LTEのところと4Gの4世代のところにかっこで「3.9世代」となってますよね

ここでは重要なことではないので補足で伝えますが、今の4Gというのは本当の4Gの規格ではないんです。本当は4Gというのはまだ日本では始まっていないサービスでそれまでの繋ぎとして始まったのがLTEなんです。

LTEを日本語で長期的進化というのそういうことだったんですね。LTEの本当の規格は3Gなので本当の4Gのサービスが始まるまでの架け橋として3.9Gと言われてるということです。なんかドラマチックですね^^


スポンサードリンク

でもなんで規格でもないのに4Gと呼んでいるかというと、国際的な管理団体が今のLTEを4Gってよんでいいよって認可したのでそう呼んでるみたいです。

雑学通信


テザリングはこんなに便利
LTEでは外でもパソコンやゲーム機をインターネットに繋げられるように「テザリング」っていう機能があります。携帯電話の機種によっては使えないものもあるんですけど、これは本当に便利ですよ。

ポケットWi-Fiを購入すると月々何千円もかかるところを数百円の契約で使えるので外でちょこっとパソコン使う人やゲームをやる人には重宝します。

でも通信速度やデータ量の上限はポケットWi-Fiの方が全然上なので、ガッツリやる人はそちらを契約してください。テザリングで通信しまくるとあっという間に通信制限がかかりますので^^;

3Gより前の世代とは

3Gは第3世代ということはわかったのですが、ということはもっと前の世代があったということですよね?モバイルデータ通信がどのように進化してきたか見てみましょう。
  • 1G 音声をアナログ電波で送信する
  • 2G デジタル方式でメールやネットに対応
  • 3G より高速化
  • 4G 100Mbpsクラスの高速通信 次世代のモバイル通信規格
モバイルデータ通信は着実に進化してきているんですね。これから先はもっともっと通信が早くなると思うとわくわくしますね^^





3GとLTEと4Gは単純に通信速度の違いかと思ったらお互いの長所と短所を上手く切り替えて使っているということですね。そして最近電波の表示がLTEから4Gに変わったりしても心配しないで、それは4GとLTEは同じだから表示の仕方が変わっただけなんだなと思ってください。

それと通信制限がかからないようにデータ量を抑える為に4Gから3Gにする人がいるみたいですが、通信速度が変わってもデータ量は変わらないので注意してください。自動で切り替わるようにしている方が快適に使えるのでそのままの設定がいいですよ。

データ量を気にしている人は動画やデータ量が大きいものはWi-Fiが繋がるところで通信すると節約できますよ^^


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 簡潔かつ詳しい説明で
    手軽にかつ大変勉強になりました。
    どうもありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top