Read Article

カフェオレとカフェラテの違い!苦くないのはどっち?

カフェのレジにできた行列に並んでいる時にふと浮かんだ疑問…

「カフェオレ」と「カフェラテ」苦くないのはどっちだろう?


いままでの経験からするとどっちもものすごく甘いイメージしかないです。でもそれは砂糖を大量に入れてるからであって本当の苦さはどうなんだろう?

すごく気になってしまったので片っ端から調べてみました。すると意外な事実がわかったのでここでシェアしたいと思います。


スポンサードリンク



カフェオレとカフェラテの違い

◆カフェオレ(café au lait)
  • フランスで好まれるコーヒーの飲み方
  • フランスで「コーヒーと牛乳」の意味(カフェがコーヒーでレが牛乳)
  • コーヒーをドリップして、熱く温めた牛乳を1:1で入れたもの

◆カフェラテ(Caffè Latte)
  • エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物
  • イタリアで「コーヒーと牛乳」の意味(カフェがコーヒーでラテが牛乳)
  • エスプレッソにスチームドミルク(牛乳をスチームで泡立てる)を2:8で入れたもの

まとめ
牛乳の量からするとカフェラテの方が多いのでこちらの方が苦くないと思うかもしれませんが、実はカフェラテの方が苦いです

まずカフェオレは本場フランスではフレンチローストという深煎り豆で淹れているのですが、日本では普通のコーヒーの浅煎り豆で淹れているのであまり苦くないです。


そしてカフェラテはエスプレッソを使っているのですが、これが深煎りですごく苦いです。そして牛乳をスチームすると2倍くらいに膨れ上がるので実際の量は半分くらいということです。なのでコーヒーの苦いのが苦手なひとはカフェオレの方がおすすめです。


スポンサードリンク

お店によっては使っているコーヒー豆と牛乳の割合が違うのでそれぞれ味や苦さが全然違うのでお店の人に確認してみるのもいいと思います。

作り方から違いを知ろう


【カフェオレの作り方】


本場フランスのカフェオレはコーヒーと牛乳を同時に注ぐみたいです。このマスターはちょっと変わってますね^^

【カフェラテの作り方】


エスプレッソマシーンでエスプレッソを淹れています。最後の牛乳で模様を描くのは見事ですね^^

雑学カフェ

アイスカフェオレ
日本の「ラテ」は本場とは違う!?
いつもカフェに行くと「ラテください♪」といって気軽に注文している、日本でカフェラテが大好きだという人は本場イタリアに行ってもきっとカフェラテを頼むと思います。

でもイタリアではカフェラテは一般的ではなく観光客が多いところのカフェ以外で「ラテください♪」と注文するとそのまんま「牛乳」が出てきます。ご注意を(笑)

日本のカフェラテの発祥はアメリカ?
本場イタリアではカフェラテに使う牛乳を泡立てません。牛乳を温めてそのまま入れちゃうのがカフェラテなんです。つまり「コーヒー牛乳」ってわけです。

一方アメリカでは「ラテ」と略されたエスプレッソにスチームドミルクを入れるのが一般的でした。この流れを受けたのが日本のカフェということですね。

カフェインを控えたい人は?
カフェラテに使われているエスプレッソはドリップしているわけではなく、エスプレッソマシーンなるもので淹れられています。なんだかカッコいい^^

このエスプレッソマシーンはコーヒー豆を圧力をかけて短時間で抽出するのでカフェインがドリップするよりも少ないとされています。なのでカフェインを気にしている時はエスプレッソかカフェラテを飲むといいですね。





カフェオレとカフェラテの苦さは使っているコーヒーの苦さによって決まります。なので基本的にはカフェオレとカフェラテの方が苦くないということですね。

苦いのが苦手なひとはカフェオレを頼みましょう。ちなみにカフェオレはお店によって名前が違ってメニューにない場合があります。でもそんな時でも慌てずに「カフェオレください」というとちゃんと作ってくれます。

それでもわからない時は「このコーヒーと牛乳を1:1で割ってください」というとその通りに作ってくれると思うので試してください。

そしてコーヒーの香りは好きで飲みたいけど本当に苦いのが苦手な人はラテマキアートをおすすめします。牛乳メインでコーヒーちょびっとなのでとっても飲みやすいですよ^^


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top