Read Article

がん検診どれを受けたらいいのかわからない!年齢・種類・料金は?【あさイチ】

日本人の二人に一人ががんになると言われていますが、がん検診に行ってますか?


私も毎年健康診断には行っていますが、がん検診はまだ受けたことがないです。

Sponsored Link


それにがんが見つかったら怖いです。


がんが無いか調べに行ってるんですけどね^^;


早期発見できれば治る可能性が高いと言われているので、やっぱり行った方がいいと思います。


でもいざ受けようと思ってもがん検診ってどれを受けたらいいのかわからないですよね。


そこで今回は「あさイチ」でやっていた数あるがん検診のどれを受ければいいのか、年齢・種類・料金などをわかりやすくご紹介します。


がん検診とは


冒頭でも言いましたが「がん」は日本人の二人に一人がなる言われている病気ですが、早期発見すれば高い確率で治すことができる病気になりつつあります。


早期発見での5年生存率は胃がん94.9%乳がん98.7%の確率で治ると言われています。


そもそも「がん検診」というのは健康な人を対象にがんの可能性があるのかを調べるもので、がん検診だけで「がん」と診断されることはありません。


ここを誤解している人が大変多く「がん検診=がんが見つかる」と思って、怖くてなかなか受けられないという人もいるくらいです。


私もその中の一人です^^;


がん検診でもしリスクありと言われたら精密検査を受けて、そこで初めてがんが診断されます。


日本のがん検診受診率はこういった理由もあり以外に低いです。


それだけの理由ではないですが早期発見に大切なのはやっぱりがん検診なので、可能性を調べに行くという気持ちで恐れずに受けた方がいいですね。


国が推奨するがん検診


がん検診ってめちゃくちゃ色んな方法があるというイメージですが、国が推奨するものは6つだけです。


国が推奨するがん検診
検査部位検査項目受診年齢受診間隔がんの死亡率
X線検査
胃内視鏡検査
50歳以上2年に1回59%↓
30%↓
大腸便潜血検査40歳以上1年に1回60%↓
胸部X線検査40歳以上1年に1回28%↓
乳房マンモグラフィ40歳以上2年に1回25%↓
子宮けい部細胞診20歳以上2年に1回78%↓

受診年齢や受診間隔は検査によって違いますね。


それにがんの死亡率は結構下がっているものもあるので、やっぱり受けておいた方がいいって感じですね。


これらに関してがん検診の有効性に詳しい国立がん研究センターの斎藤博さんが説明してくれました。


これ以外の検診もありますが今のところ、がん検診を受けた後にそのがんで亡くなる危険が減ると証明されてるのがこの6つの検診なんだそうです。


がん検診にはデメリットもあるので、このがんで亡くなる危険性が減るという証明が重要なんです。

Sponsored Link


デメリットというのは過剰診断といって、見つけなくてもいいがんも見つけてしまう可能性があるということです。


見つけなくてもいいがんってあるの!?って感じですよね^^;


早期のがんの中には一生症状が出ないものがあって、ある種のがんはそれが大半を占めるんだそうです。


症状が出ないというのは進行が遅すぎて、がんになる前に寿命がきてしまうということです。


そういうがんは見つからなければ一生健康に過ごせますが、見つけてしまったら検査や手術をしなければならないし、お金はかかるし一番大変なのは気持ちです。


自分はがんになったというストレスは計り知れないと思います。


なので早期のがんはただ見つければいいというものではないということになります。


だから見つけたことで助かった人がどれくらいいるかどうかが重要だということになります。


そしてこれが証明されているものが国が推奨するがん検診というわけです。


がん検診の費用はどれくらい


がん検診を受けたほうがいいというのはわかりましたが、どれくらい費用がかかるのか気になりますよね。


がん検診の費用は自治体ごとに違うんですが、全国平均の自己負担額を見てみましょう。


がん検診の費用の全国平均(自己負担額)
X線検査
胃内視鏡検査
1505円
3116円
大腸便潜血検査584円
胸部X線検査527円
乳房マンモグラフィ1291円
子宮けい部細胞診1396円

補助金も出るので思っているよりは受けやすい値段ですね^^

Sponsored Link


次のページへ続く
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top