Read Article

[林修今でしょ]ナッツダイエットで赤ちゃん肌に!高カロリーでも痩せる!

林修の「今でしょ!講座」3大ナッツの
すごい栄養のことを紹介していました。

3大ナッツというのはアーモンド、くるみ、
マカダミアナッツのことです。

ナッツは体にいいとは聞きますがカロリーも
高いっていうのは聞いたことがあります。 

Sponsored Link

でも何の栄養がいいのか?どのくらい
食べていいのか?とかまったく知りません(笑)

そこで今回は3大ナッツのアーモンド、くるみ、
マカダミアナッツについて徹底検証します!

ナッツ研究の第一人者、慶應義塾大学医学部教授の
井上浩義先生が解説してくれていました。

驚きのダイエット効果赤ちゃん肌の成分など
二日酔いの予防にも効果があるということなので必見です!

マカダミアナッツのすごい栄養「パルミトレイン酸」

マカダミアナッツマカダミアナッツには75%もの油が含まれています。

食べ過ぎには注意しましょう^^;

でもこの油の中に肌に良い脂肪を補う
パルミトレイン酸というのが含まれています。

あんまり聞かない言葉ですよね。

このパルミトレイン酸はもともと
赤ちゃんの肌にある物質なんです。

もうこの時点で肌に良さそうな感じがわかります^^

年齢を重ねるごとにだんだん減っていく物質なので
ぜひ摂取したいです!


Sponsored Link

パルミトレイン酸の働き

井上先生はパルミトレイン酸の働きを
こんな風に表現していました。

肌を羽毛布団に例えるとコラーゲンやエラスチンは
布団カバーです。

そして脂肪が羽毛だとすると、その弾力を付けてくれるのが
パルミトレイン酸ということだそうです。

パルミトレイン酸の含有量(100gあたり)

他の食品でも取ることはできますが
含有量の比較を見れば、その差は歴然ですね。

マカダミアナッツの1日の適量は何粒?

マカダミアナッツが肌にいいことはわかりましたが
昔、ナッツを食べ過ぎるとニキビが出る
脅されたことがあるんですがどっちなんでしょうか?

井上先生いわくナッツは体にいいですが
食べ過ぎには要注意のこと。

そして1日の適量は5粒!ということです。

少なっ!

その適量、守る自信ないです^^;

でも一気にいっぱい食べるというよりは
毎日5粒という感覚で続けることが大事ですね。

井上先生は化粧水やクリームは肌を覆うことはできるけど
肌の下の脂肪のところまではいかないといっています。

なので肌の下の脂肪は食べて補うしかないそうなんです。

やっぱり毎日ちょっとずつ続けるしかないですね^^


Sponsored Link

次のページへ続く

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top