Read Article

筋肉残高を簡単チェック!ながらスクワットで筋肉貯金!【羽鳥慎一モーニングショー】

軽い負荷を最大限利用したスクワット!

スクワットはキングオブエクササイズとも言われています。

日常の活動に直結した筋肉を鍛えられるので
非常に重要です。


Sponsored Link


強い負荷をかけると怪我のリスクがあるので
軽い負荷を最大限利用してスクワットしましょう。

スクワット1最初は同じで両手を胸に真っ直ぐ立ちます。

スクワット2今度はさっきよりもゆっくり
体を前に倒しながらお尻を突き出して
しゃがみます。

スクワット3体を起こしながらゆっくりと立ち上がり
膝を伸ばしきらずに中腰の姿勢でキープします。

スクワット2中腰の姿勢から体を倒しながら
お尻を突き出してゆっくりとしゃがみます。

スクワット3
体を起こしながらゆっくりと立ち上がり
膝を伸ばしきらずに中腰の姿勢でキープします。

足を一度も休ませずにスクワットをすることで
軽い負荷でも最大限の効果を出すことができます。

この一連の動きを15回、2日に1回行います。


Sponsored Link


座りながらの筋肉貯金でつまづき防止!

足を前に振り出す腸腰筋というのはすごく衰えやすいです。

椅子に座りながらももを上げる運動をすると腹筋と腸腰筋を
鍛えることができるのでつまづき防止だけでなく、
ポッコリお腹も改善できます。

つまづき防止1椅子の前目に座って手を後ろにつきます。

つまづき防止2しんどい人は背もたれに寄りかかってもいいです。

つまづき防止3足を前に出して床から少し浮かせます。

つまづき防止43秒くらいかけて膝を抱え込みます。

つまづき防止33秒くらいかけて戻しますが、足を降ろさずに
浮かせたままキープします。

足を一度も休ませないことで軽い負荷でも
最大限の効果があります。

この一連の動きを15回、2日に1回行います。

この運動はかなりしんどいと思うので
15回できなくてもできる回数で大丈夫です。


Sponsored Link


次のページへ続く

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Return Top