Read Article

近視でも老眼になるの?メガネが合わない時の3つの対処法

近視は老眼にならない」という話を聞いたことありますか?

僕は最近それを知って「へ~そうなんだ」と思っていろいろ調べてみたんですけど、これ真っ赤なウソなんですって。僕は近視なのでラッキーと喜んだのも束の間、あっという間に希望が砕かれました(笑)

そしてさらに調べてみると近視の人が老眼になると、とても面倒くさい事態になるそうなんですよ。


スポンサードリンク


僕は最近になって視力の低下が著しくこりゃ他人事ではないなと思い、いろいろ調べた結果良い対処法を見つけたので近視で老眼に困っているなら参考にして頂けると幸いです。

近視でも老眼になります

本とメガネ
近視は目から入ってきた光が網膜より手前でピントが合ってしまうために、近くはよく見えるけど遠くがぼやけて見えにくいという症状です。ようはレンズの度数が強いということです。


老眼は近くを見るときに虫眼鏡のようになる目のレンズが老化によって機能が低下して近くがぼやけてよく見えないという症状です。ようはレンズの度数を強くしたいのに強く出来ないということです。

ということは老眼でレンズの度数を強くしたいのに強く出来ないけど、近視だからもともとレンズの度数が強いから補えたラッキー!という訳にはいきません。近視でもちゃんと老眼になります。

ちゃんとという言い方はおかしいですね(笑)

正常な視力の人よりは症状が出にくいという事はあるみたいですが、遅かれ早かれ歳をとるとみんな老眼になっていきます。


そして近視の人が老眼になるとどういうことになるのかというと、「遠くも近くもぼやけてよく見えない」という最悪の状態になってしまいます。

そうならないように何とか老眼を食い止めたいと思っていても老眼は目の経年劣化のようなもので、残念ながら歳をとると避けることはできません。

だいたい30代後半~40代くらいに老眼の症状が出るようですが中には近視の症状が弱くなって近くが見えにくくなるので、それを老眼と勘違いする人もいるみたいです。


スポンサードリンク


遠視と老眼は間違えやすい


遠視は目から入ってきた光が網膜より奥でピントが合ってしまうために、遠くのものも近くのものもぼやけてよく見えない症状です。ようはレンズの度数が弱いということです。

そして老眼もレンズの度数が弱いということなので、遠視と老眼は間違えやすいということです。


もう一つ、遠視も老眼も同じ凸レンズのメガネで矯正をしていくのでこれも間違えやすい理由の一つです。それに外からの見た目も同じように分厚いレンズのメガネになり勘違いされることがよくあります。こういう事で悩んでいる人も結構いるみたいです。

遠視は目そのものの欠陥で老眼はレンズの機能低下なので構造的にはまったく違うものなのです。


スポンサードリンク


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top