Read Article

子供の高所平気症の原因は?治すには年齢制限あり?【羽鳥慎一モーニングショー】

2歳の男の子がマンションの7階のベランダから転落
するという事故がありました。


その男の子は奇跡的に擦り傷程度ですんだそうですが
最近こういう事故が増えています。


こういった事故の背景には高所恐怖症ならぬ
「高所平気症」があるといいます。


スポンサードリンク




今回はこの高所平気症について「羽鳥慎一モーニングショー」で
やっていたのでまとめてみました。


子供の高所平気症を治すには年齢制限あり?


高層マンションに住む最近の子供たちを見ていると高い所にいても平気でいられる
という恐怖を感じないという子供が出てきました。


いわゆる高所平気症です。


その恐怖を感じないという感覚が治るのは4歳まで
望ましいとされています。


それではどうして高所平気症になってしまうのか、
その原因を見ていきましょう。


子供が高所平気症になる原因


そもそも高所平気症と何なのかというと「いつも高い場所で生活している子供が
高さの感覚に麻痺して恐怖を感じなくなる」
ことをいいます。


福島学院大学の織田正昭教授によると、高層マンションの増加に伴い
高所平気症になる子供が増加傾向にある
と言っています。


生まれた時からマンションに住んでいると
単純に高い所に慣れてしまうということがありそうです。


それでも高層マンションならちょっとくらい恐怖を感じそうなものですが
他にも恐怖を感じない理由がありました。


それは階段を使わずにエレベーターで瞬間移動してしまうからです。


階段を使うと高い所まできたなという感覚がありますが
エレベーターを使うと、たとえ30階だったとしても一瞬で着いて
しまうので、高い所にきたという認識ができません。


そしてもう一つは高層階になればなるほど地面が見えないし
人も小さすぎて認識できない
ので、高い所にいるという感覚がありません。


もともと子供というのは自分の目で見える高さを基準にして
高いという感覚を養っていくので、あまりにも高い場所では
認識できずにその感覚がなくなってしまうということです。


スポンサードリンク



実際にあった事故の例


子供たちがどんなことをしていて転落事故に繋がったのか
実際にあった例を見てみましょう。

布団で遊び落下
ベランダに干した布団は気持ちいいので子供たちは
それで遊んでしまいます。


布団を掴んで手すりの上によじ登れるし布団がずれて転落事故に
つながりやすいので、布団を干してるときは注意が必要です。


手すりで遊び落下
ベランダに何か台になるようなものがあると、それを使って簡単に
手すりの上に登ってしまいます。


恐怖感のない子供は手すりの外側にぶら下がって遊んでしまうので
台になるようなものはベランダに置かないようにする必要があります。


配管で遊び落下
子供は木登りなど得意なので配管があれば簡単に登ってしまいます。


ベランダに配管がある場合は子供が登れないように工夫する
必要があります。


事故にはならなかったけど危なく転落しそうになった
という事案を入れると、月に300件も起きています。


最初に言った事故を起こした2歳の男の子は身長90cmで手すりの高さは
頭上よりはるかに高い130cmだったので、うちのベランダの手すりは
高いからといって安心はできませんね。


スポンサードリンク



URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top