Read Article

クエン酸での掃除でお風呂を綺麗に!汚れの種類で効果が変わる

お風呂の掃除をしてると白くてカリカリした汚れが気になりませんか?

あれって「水垢」っていうんですけど風呂用洗剤で擦っても全然落ちないんですよね~。せっかく一生懸命に掃除して壁とか浴槽はきれいになったのに、そこだけ汚れてるのはなんか悔しいです。


今回は水垢の汚れをサッと落とせる「クエン酸」の使い方を徹底的に調べたのでご紹介します!


スポンサードリンク


クエン酸で落ちる汚れって


「クエン酸があればお風呂の汚れを全部落とせちゃう」なんて勘違いしている人がいるんですけど、(実は私もそう思っていました^^;)

そうではありません。

お風呂の汚れは主に水垢と湯垢です。水垢は水道水の中のカルシウムやマグネシウムの成分が固まったもので、簡単にいうと石灰です。

石灰はアルカリ性で酸にとける性質があるためクエン酸で落とせます。クエン酸はその名の通り「酸性」ですから。


でも湯垢の方はクエン酸では落ちないんです。

湯垢は「皮脂汚れ」と「石けんかす」で酸性です。酸性の汚れはクエン酸などの酸性の汚れ落としでは落ちないのです。なのでちゃんと汚れに対して使い分けないというわけです。ちょっとめんどくさいですね^^;

でもちゃんと使い分けができれば汚れは落ちるので頑張ってやりましょう!ちなみに湯垢は重曹で簡単に落とすことができます。

クエン酸スプレーの作り方

掃除道具軽い水垢の汚れなんかはクエン酸スプレーでシュッと吹きかけてスポンジなどで擦ればきれいに落ちます。そこでクエン酸スプレーの作り方をご紹介します。

【用意するもの】
  • クエン酸
  • 空の霧吹き(百均で売っているものでOK)

まずは空の霧吹きに200mlの水を入れます。そこに小さじ1ぱいのクエン酸を入れてよーく振ります。クエン酸が完全に溶けたら完成です。

クエン酸はその名の通り酸性なのですがその中でも「弱酸性」にあたります。酸性の強い汚れ落としはあると思いますけど、人体に有害な物質を使っているので取扱いには注意が必要なんですよね。

私は小心者なのでいつもドキドキしながら使ってます^^; その点クエン酸は無害なので安心して使えるというわけなんですね~。

掃除の方法


お風呂のイスや洗面器などはクエン酸スプレーでシュッと吹きかけてスポンジで擦って落とします。汚れが強いときはクエン酸スプレーを作る時に水ではなく40℃くらいのお湯で作ります。

そうするだけで汚れの落ち方が全然違いますよ^^

そしてお風呂場にある鏡にはクエン酸スプレーでシュッと吹きかけたらラップでパックします。(湿布みたいにペタッと貼り付けてください)そして半日くらい置いてから水ぶきで拭いてから乾拭きでしっかり水気を拭き取って仕上がりです。


スポンサードリンク



クエン酸は蒸発しても成分が残るのでスプレーをしてそのまま放置しておくと多少除菌効果はありますが、菌が繁殖して臭いの原因になります。なのでスプレーしたら必ず洗い流すようにしてください。

強力な汚れの場合はクエン酸スプレーを濃いめに作ると良いですが「まぜるな危険」と書いてある洗剤とは一緒に使わないように気を付けましょう。

万が一「有毒ガス」が発生してしまうと危険です。

クエン酸以外でお風呂掃除に使えるあれこれ


市販のお風呂掃除の洗剤は大抵アルカリ性のものが多いので、水垢を落とすにはやっぱり酸性の汚れ落としが必要になってきます。

強力な酸性のものでもできますが、もっとお手軽なクエン酸の代わりになるものがあります。

お家にクエン酸が無い時には「酢」をつかいます。お酢も弱酸性なのでクエン酸と同じように使えます。

ただ臭いがとっても気になるので私はやっぱりクエン酸をオススメします。

クエン酸スプレーに香りをつけよう
これはトイレの流すところなどに使うとよいですがクエン酸スプレーにエッセンシャルオイルを入れると掃除をしたあとに、トイレをいい香りにすることができます。

プラス除菌力もアップしてトイレを清潔に保てます^^ お風呂掃除に使う時は最後に必ず洗い流してくださいね。





クエン酸を掃除に用いることで安全安心でエコな掃除をすることができます。お風呂場の掃除で使うにはピンポイントで汚れを選んでいかなくてはいけないのでちょっとめんどくさいですが、使い分けることが出来れば今まで落とすことのできなかった汚れが落ちちゃうんですから積極的に使っていきたいですよね。

今まで水垢は一生懸命カミソリでそぎ落としていた私にとっては必需品となりました。もうクエン酸は手放せません^^


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top