Read Article

マイナンバーが届かない!問い合わせの必要は?届く日がわかる?【羽鳥慎一モーニングショー】

個人番号カードを申請した方がセキュリティー面でいい


マイナンバーは個人番号カードを申請するのは任意ですので
必要な人だけ申請する形になります。


番組の調べだと100人中「申請する」と答えた人は2人です^^;


通知カードに番号が記載されているのでそれを保管しておいて
必要な時に見ればいいやと考えている人が多いようですが
セキュリティーの面では個人番号カードを申請した方がいいです。


通知カードはただの紙かみなのでセキュリティー力(りょく)はゼロです。


個人番号カードにはICチップが入っているので
セキュリティーはちゃんと強化されている
んですね。


申請が面倒くさいと思うかもしれませんが今後の事を考えて
個人番号カードを持っていた方がいいかもしれません。


スポンサードリンク



マイナンバーはこの先どうなる?


マイナンバーが2016年の1月から導入されますが
この先、私たちの生活にどのように影響してくるのか
マイナンバー制度活用推進ロードマップ案から見ていきましょう。


2016年
国家公務員の身分証
民間企業の社員証
ポイントカードとの連携
医療情報の引継ぎ(メタボ健診 予防接種)


2017年
クレジットカードとしての利用
キャッシュカードとしての利用
診察券の代わり
国と地方自治体の情報連結開始


2018年
運転免許証として利用
健康保険証として利用
預貯金口座の開設に必要⇒脱税防止の狙いも


2019年
国政選挙に利用(ネット投票)
パスポートとの連携
相続手続きの円滑化



これらは殆どがまだ決まっていないロードマップ案なんですが
便利になるほどセキュリティー意識が必要になってくると思います。


まとめ


まだマイナンバー通知カードが届いてない人はまずインターネットで調べて
もう配達されているようであれば市役所に問い合わせる
ということです。


そして世の中が便利になるほどセキュリティーが大切になってきます。


マイナンバーも最初は面倒くさいかもしれませんが
セキュリティーの為に申請しておくことをおすすめします。


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top