Read Article

曼珠沙華の花言葉!白と赤で違う?その由来とは?

道端でよく見かける「曼珠沙華」

墓場で見かけるので少し不気味な雰囲気ですよね。

夏の終わりから秋の始めに掛けて咲く、この花の花言葉をご存じですか?

曼珠沙華の花言葉を知ることで不気味なイメージがとれたらいいですね^^

スポンサーリンク


曼珠沙華の花言葉と由来

曼珠沙華
曼珠沙華の名前は法華経などの仏典に由来しています。

サンスクリット語のマンジュシャカ(manjusaka)をそのまま漢字にしてそうなったとか。

「天上の花」という意味もあって仏教でいう曼珠沙華は白くやわらかな花ということになっています。

実物の不気味な感じとは全然違いますね。

仏教の中ではこの曼珠沙華はとても神聖な花として扱われていたんですね

そしてその花言葉はというと
  • 情熱
  • 独立
  • 再会
  • あきらめ
  • 転生
  • 悲しい思い出
  • 想うはあなた一人
  • また会う日を楽しみに


こうしてみるとポジティブなものとネガティブなものがあります。

ということは実際のイメージと由来からくるイメージの両面を表しているんですね

スポンサーリンク


白と赤で花言葉が違う?


秋の彼岸の頃に赤い花を咲かせますが稀に白い花を咲かせることもあります

そして四国や九州には黄色い花が自生しています。

前に書いたのは赤い花の花言葉です。

そして白の花は「また会う日を楽しみに」「想うはあなた一人」の2つです。

白の花ということで仏典に出てくる曼珠沙華のイメージの部分だけ表しているんですね。

ちなみに黄色い花の花言葉は「追想」「深い思いやりの心」「悲しい思い出」などがあります。

スポンサーリンク


曼珠沙華はいろんな異名がある


曼珠沙華は一般的には「彼岸花」と呼ばれています。

これを聞くとピーンときますよね^^

そしてもう一つ名前があって「リコリス」とも呼ばれています。

その由来はギリシャ神話の女神海の精のネレイドの一人リコリアスから付けられたと言われています。

曼珠沙華にはいくつもの名前があるように異名も数多くあります

  • 死人花(しびとばな)
  • 地獄花(じごくばな)
  • 幽霊花(ゆうれいばな)
  • 剃刀花(かみそりばな)
  • 狐花(きつねばな)
  • 捨子花(すてごばな)
  • はっかけばばあ


一見してもあまりいい言葉ではないですね。

この数々の異名のせいで日本では不吉の象徴として忌み嫌われることがよくあります。

それゆえに不吉な迷信もいくつかあって花の形が燃える炎に見えることから「曼珠沙華を持ち帰ると家が火事になる」

と言われていたり、毒があることから「摘むと死人が出る」「摘むと手が腐る」と言われています。

ところが反対に「赤い花や天上の花の意味で縁起がいいもの、めでたい兆し」とされています

不吉なものという先入観にとらわれなければこの曼珠沙華はとても美しい花です。

こういう視点で見ていけば墓場に咲いている花も楽しんで見られると思います^^

スポンサーリンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Return Top