Read Article

水戸駅から偕楽園へのアクセスはバスで直行!「時刻表あり」

四季折々のイベントで賑わう「偕楽園」

梅まつりが開催されるときには常磐線の偕楽園臨時駅が開設されぜひ利用してみたいものです。

でもこの臨時駅は梅まつりの期間中の限定停車なんですよね。

しかも土日、祝日のみ!

混雑を避けるために平日に行こうとすると結局、水戸駅からのバスかタクシーか。

車で行くのも大変なので結局バスで行くことにします^^

ということで今回は水戸駅から偕楽園までのバスでの行き方を徹底的に解説します。

水戸駅構内からバスの時刻表まで載せているのでしっかりチェックしてください

スポンサーリンク


水戸駅から偕楽園へバスでアクセス


バスに乗る前に駅構内で迷う人は結構いるのでまずは駅構内の地図で確認してみましょう。

水戸駅構内からバスターミナルへ


水戸駅構内
©KOTSUSHIMBUNSHA/JR東日本公式HPから引用
【1・2】水郡線〈常陸大宮・常陸太田方面〉【5・6】水戸線〈下館・小山方面〉
【3・4】常磐線〈日立・いわき方面〉【8】鹿島臨海鉄道
【5・6・7】常磐線(上野東京ライン)〈土浦・上野・東京・品川方面〉


改札を出て右に行くと北口があるので、まずはそこに向かってください。

どこにいても北口から出れば大丈夫なので、駅員に聞いたりしてとにかく向かいましょう。

スポンサーリンク


バスターミナルからバス停へ


水戸駅バスターミナル
©茨城交通株式会社/茨城交通公式HPより引用

北口を出るとそこは2階になります。

バスのり場はそこから左下付近になりますので、まずは1階に下ります

北口を出て左の方に進んでいくといい所に階段があるのでそこから下りてもいいと思います。

そして6番のり場に向かいます。

6番のり場から偕楽園へ


水戸北口6番のり場
©Kanto Railway Co.,Ltd./関東鉄道公式HPより引用

関東鉄道のバスで偕楽園行きに乗り終点の偕楽園で降ります

所要時間は約15分で運賃は240円です。

Suica・PASMO等のICカードは利用できないので注意してください。

偕楽園のバス停から東門までは歩いて約5分かかります。

こっちのバス停が混んでたり時間が合わなかったりした時は4番のり場からでも偕楽園に行けちゃいます^^

4番のり場から偕楽園へ


県立歴史館経由【偕楽園】
水戸4番のり場時刻表
©茨城交通株式会社/茨城交通公式HPより引用

茨城交通のバスで10系統県立歴史館経由【偕楽園】行きに乗り「好文亭表門入口」「偕楽園東門・常磐神社北参道」「偕楽園・常磐神社前」のいずれかのバス停で降ります。

「歴史館偕楽園入口」を通るバスがたくさん来ると思いますがここでは載せてないので、こちらの記事で確認してください。
公式HPには載っていない水戸駅から偕楽園へバスの行き方!【時刻表あり】

それぞれ歩いて、

「好文亭表門入口」からは表門まで約3分。「偕楽園東門・常磐神社北参道」、「偕楽園・常磐神社前」からは東門まで1分。

入る門によって降りるバス停を変えてください。

所要時間は約15分で運賃は240円です。

最後に偕楽園周辺の地図を見てバス停から入口までいきましょう。

帰りのバスの時刻表も次で載せているので確認しておいてください^^

スポンサーリンク


バス停の場所と帰りの時刻表


偕楽園バス停
©Ibaraki Prefecture engineering works part city bureau park Street Division/偕楽園公式HPより引用

【1】関東鉄道バス「偕楽園」
【2】茨城交通バス「偕楽園・常磐神社前」
【3】茨城交通バス「偕楽園東門・常磐神社北参道」
【4】茨城交通バス「好文亭表門入口」


帰りのバスの時間は
【1】関東鉄道バス「偕楽園」
偕楽園バス時刻表
©Kanto Railway Co.,Ltd./関東鉄道公式HPより引用

【2】茨城交通バス「偕楽園・常磐神社前」
大工町経由水戸駅
偕楽園・常盤神社前バス停
©茨城交通株式会社/茨城交通公式HPより引用

【3】茨城交通バス「偕楽園東門・常磐神社北参道」
大工町経由水戸駅
偕楽園東門バス停
©茨城交通株式会社/茨城交通公式HPより引用

【4】茨城交通バス「好文亭表門入口」
偕楽園経由水戸駅
好文亭表門入口バス停
©茨城交通株式会社/茨城交通公式HPより引用

お盆(8/13~15)・年末(12/29~31)は
日祝日ダイヤで運行するので注意してください。

帰りの運賃も240円で、大体15分~20分くらいで水戸駅に着きます。

それでは日本三名園の一つ偕楽園を思う存分楽しんでください^^

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Return Top