Read Article

日本製旅客機MRJが初飛行!3つの世界初!他の飛行機との違いは?【羽鳥慎一モーニングショー】

2015年11月11日、名古屋空港で半世紀ぶりの国産旅客機「MRJ」
初飛行しました。


日本人が開発した飛行機が飛ぶっていうのは
日本人の誇りじゃないかなと思います。


そんな日本の技術が集結し世界へと羽ばたくMRJの裏には
40年にも及ぶ空白期間がありました。

Sponsored Link


今回は「羽鳥慎一モーニングショー」でやっていた
日本初の国産ジェット旅客機「MRJ」とは何か?
他の飛行機とは違う3つの世界初
をご紹介します。


日本製旅客機MRJとは


MRJは国産プロペラ機「YS-11」以来、およそ半世紀ぶりとなる
国産旅客機として2008年に開発がスタートしました。


2014年には1号機が完成して作業は順調に進んでいると
思われていたんですが、部品調達の遅れなどによって5回も
初飛行が延期されて当初の計画よりも4年以上も遅れてしまいました。


それでも少しずつ計画は進んでいき2015年11月11日の初飛行では
見事大空に羽ばたきました。

Sponsored Link


さて、そもそも「MRJ」とは何の略なのか?


街の若者はモーニングラストジャパンと言っていましたが^^;
そうではありません。


(M)三菱(R)リージョナル(J)ジェットの略です。


リージョナルとは「地域の」という意味です。


地域と地域を結ぶ小型のジェット機というのが
「RJ」リージョナルジェットなんですね。


なので座席数は92席でバス2台分なのでジェット機としては
かなり小型です。

MRJと他の飛行機との大きさの比較

他の飛行機とくらべるとその小ささがよくわかります。


そして値段を比べてみると

  • ボーイング787 約255億円
  • エアバスA380 約529億円
  • MRJ90 約58億円

大きさに比例して値段は変わってくるのですが
それにしても安いですよね。


小さい機体は燃料があまり入らないので
飛行距離が短く
なります。


沖縄の石垣島を例に取るといままで滑走路が短くて
小さい飛行機しか停まれませんでした。


なので羽田からだと必ず沖縄本島経由で乗り換えないと
行けなかったんですが、近年滑走路の距離を伸ばしたことで
大きな飛行機も停まれるようになり、羽田からの直行便ができました。


だからMRJはそんなに飛べないんじゃないかと思うかもしれませんが、
意外な事に札幌から那覇まで約2000km飛べるそうなんです。


これだと羽田からなら日本全国どこでも直行便で行けますね^^


しかも滑走路も短くてもすむので地方の小さな空港でも停まれて
本当にどこでも行ける地方と地方を結ぶ飛行機ということです。

Sponsored Link


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top