Read Article

マイナンバーカードのロック解除の方法!意外と簡単5分で終わったよ

確定申告をe-Taxでするためにマイナンバーの電子証明書を使っていたら、突然パスワードを受け付けなくなりました。

調べてみると、どうやらマイナンバーカードがロックされてる様子。

ロックを解除するには市役所に行かなくてはならないということで、ちょっと面倒くさいな~と思いながらとにかく行ってみたら、意外と簡単であっという間に終わりました。

確定申告の時期にマイナンバーカードがロックされてしまった人は結構いると思うので、私がロックを解除した時の経験と、事前に色々調べた事をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク


マイナンバーカードのロックの解除方法


マイナンバーカード
前述の通り、マイナンバーカードのロックの解除方法は、最寄りの市区町村の役所でロックの解除の申請をします。

最初は「えっ!すぐに解除できないの!?というか役所に行くの面倒くさくな~」と思いました。そこで役所に行かずに何とかロックを解除できないかと色々と調べましたが、残念ながら役所に行く以外に方法はありませんでした。

でも行くのは面倒くさいかもしれませんが、意外と簡単に終わるので安心してください^^

それでは、ロック解除に必要なものや手順を詳しく紹介していきます。

持っていくものは?


ロック解除に必要なものは市区町村によって違いがあります。

基本的にはマイナンバーカードのみ←コレだけでOK

 
ただ、市区町村によってはマイナンバーカードプラス本人確認書類が必要な場合もあるので、念のために以下のものを持って行った方が安心です。

顔写真付き身分証の場合は…

  • パスポート
  • 運転免許証
  • 身体障害者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障害者手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
の、いずれか1点が必要です。

顔写真が付いてない身分証の場合は…

  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 介護保険証
  • 口座通帳
  • 生活保護受給証明書
  • 社員証
  • 学生証
の、いずれか2点以上が必要になる場合があります。

私は運転免許証を持っていきましたが、マイナンバーカードのみで大丈夫でした♪ちなみに必要ないとは思いますが、印鑑も持参したほうが安心ですよ(私も使いませんでしたが持参しました)。

手続きする窓口は?


手続きする窓口は市民課・戸籍課など、市区町村によって違いますので確認が必要です。

私の場合はマイナンバー・公的個人認証という窓口でした^^

ロック解除の申請手順


私がロック解除をした経験を元に、手順を紹介していきます。

ロック解除の手順は以下の通り…

  1. 必要なものを持って市役所に行く
  2. 総合案内で担当窓口を聞く
  3. 受付番号札をもらって呼ばれるまで待つ
  4. 呼ばれたら窓口でロック解除を申請
  5. 必要書類に記入してロック解除してもらう

それでは、1つずつ詳しく解説します^^

スポンサーリンク


必要なものを持って市役所に行く


上述した通り、基本的にはマイナンバーカードのみ持参していけばいいのですが、市区町村によって身分証が必要な場合があります。

役所に行く前に電話で確認するのが確実ですが、とりあえず身分証や印鑑を持っていけば事足りると思います。

総合案内で担当窓口を聞く


上述した通り、市区町村によって窓口が違いますので、まずは総合案内で担当窓口に案内してもらいましょう。

私は「マイナンバーカードにロックがかかってしまいました」と伝えたところ、すぐに理解してくれて案内してくれましたよ^^

受付番号札をもらって呼ばれるまで待つ


案内された窓口または、受付番号発券機で番号札を取って、担当窓口のそばで待機します。

どの受付番号札を貰えばいいか迷った時は、近くに係りの方がいたら発券してもらいましょう。

呼ばれたら窓口でロック解除を申請


受付番号を呼ばれたら窓口に行って、マイナンバーカードにロックがかかった旨を伝えます。

すると、パスワードがわかっていればロックの解除、パスワードを忘れてしまったらパスワードの初期化になると説明されます。

私の場合は、パスワードがわかっていたのでロック解除をお願いしました。

必要書類に記入してロック解除してもらう


マイナンバーカードを渡してロック解除の申請書をもらいます。

そこに住所氏名など必要事項を記入して、ロック解除もしくはパスワード初期化の欄にチェックをします。

そして申請書を提出して端末でパスワードを入力して、新しいパスワードを入力してロック解除できました^^

新しいパスワードというのは以前と同じもので良いということなので、パスワードがわかっているならそのまま同じものを設定して大丈夫だそうです。


マイナンバーカードには4種類のパスワードがあり、覚えてはいるけどちょっと不安な場合や、完全に忘れてしまった場合はパスワードの初期化をすることができます。

これで、マイナンバーカードのロック解除が終わりました。かかる時間は混雑の具合によると思いますが、私が行った時は結構混んでいても5分くらいで全ての手続が終わりましたよ^^

以上が一連の流れですが、市区町村によって手順が違うかもしれませんので、最寄りの役所に確認した方が確実です。

代理人が申請すると
ロック解除の申請は原則本人ですが、代理人でも申請することができます。

ただ、手続きが煩雑になり、申請当日に手続きが完了しなかったり、代理人が何度か役所に行かなくてはいけません。そして、仕事や学業の多忙を理由とした代理人を認めない役所もあります。

なので、どうしても代理人にお願いしないといけない場合以外は、本人が行ったほうが簡単です。

ちなみに、15歳未満や成年被後見人の法定代理人が手続きをする場合は本人の同行が必要になります。


スポンサーリンク


何回間違えるとロックされるのか


パスワードを何回か間違えると「あれ?なんかパスワードを受け付けなくなっているような…」と、ロックされたのが分かりにくい感じですよね。

マイナンバーカードのパスワードの種類は4種類あって、それぞれロックが掛かる回数は以下の通り…

署名用電子証明書
(英数字6文字以上
16文字以下)
5回連続
利用者証明用電子証明書
(数字4桁)
3回連続
券面事項入力補助用
(数字4桁)
3回連続
住民基本台帳事務用
(数字4桁)
3回連続

パスワード入力欄に「3回連続で間違えるとロックがかかり、解除するには役所に申請手続きをする必要があります」くらい書いといてくれれば、慎重になるんですけどね^^;

それと、数字4桁のパスワードは同じものを設定していいので、大体の人は署名用電子証明書とそれ以外の2種類のパスワードを設定してると思います。

やりがちな間違いは、署名用電子証明書に数字4桁のパスワードを入力していたり、その逆をやってしまう場合です(私もそうでした)。

入力する前に、何のパスワードを求められているか確認しましょう。

ロック解除・初期化・変更の違いとは


マイナンバーカードに登録したパスワードのロック解除・初期化・変更の違いについて説明します。

パスワードのロック解除とは、連続でパスワードを間違えてロックがかかってしまったものを解除することです。その場合は市区町村の役所で手続きが必要です。

パスワードの初期化とは、パスワードを完全に忘れてしまった場合にリセットして、新しく設定しなおすことです。その場合も市区町村の役所で手続きが必要です。

パスワードの変更とは、現在のパスワードを覚えている場合に、新しく設定しなおすことです。マイナンバーカードに対応したICカードリーダーがあれが、自宅のパソコンからインターネット接続で変更することができます。

ただし、ロックが掛かってしまっていたら、パスワードを覚えていても変更はできません。




マイナンバーカードのロック解除の方法は、市区町村の役所に行き窓口で申請書類に記入して新しいパスワードを設定するだけです。

そんなに難しい手続きではないのですぐに終わると思います。

行くのがちょっと面倒ではありますが、行ってしまえば簡単なので是非躊躇せずに行ってみて下さい。

私は来年の確定申告までマイナンバーカードは使わないのですが、すぐに行って正解でした。

1年の間、気になってるよりはいいですよね^^

スポンサーリンク

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Return Top