Read Article

大阪の新しい水族館「ニフレル」万博記念公園にオープン!【羽鳥慎一モーニングショー】

大阪の吹田市にある万博記念公園に2015年11月19日に
新感覚の水族館ができました。


その名も「ニフレル」


このニフレルは水族館や動物園の枠を超えた
生きているミュージアムです。


生きものに興味のない人にも観に来てもらえるように
水族館や動物園を博物館のように展示した仰天の展示方法

楽しませてくれます。


今回は【羽鳥慎一モーニングショー】で紹介していた
新感覚の水族館「ニフレル」を見ていきましょう。

Sponsored Link


新感覚の水族館「ニフレル」


ニフレルは大阪の水族館「海遊館」がプロデュースしているのですが
水族館のカテゴリーではありません。


ニフレル館長の小畑洋さんは自然の魅力を感性で
感じてもらいたいといいます。


名前の由来も「感性にふれる」からニフレル
つけたそうです。


入館料金は

入館料金
  • 大人・高校生  1900円
  • 小・中学生   1000円
  • 幼児(3歳以上) 600円

結構安いのでびっくりしました^^


営業時間は10:00 - 20:00年中無休です。


「いろ」にふれる


生き物たちが身につけている色の素晴らしさや
多彩さをここで感じられます。


バイカラードッティーバック
これはバイカラードッティーバックといって
体半分で色がわかれている面白くて綺麗な魚です。


始めて見た魚ですけど2色とも色鮮やかですね。


ブルージェリーフィッシュ
ブルージェリーフィッシュといってつまりクラゲです。


クラゲはあまり好きではないんですけど
こうやって見ると綺麗ですね。


シロボシアカモエビ
こちらはシロボシアカモエビです。


色鮮やかな赤色がめっちゃ綺麗です^^


色々な魚
カクレクマノミ、ナンヨウハギ、キイロサンゴハゼです。


ここでは従来の水族館のように大型の水槽ではなく
色ごとに分けて生きものを展示しています。


そしてこのブースの水槽にはあるものがありません。


それは…


蓋がない水槽
そう、がありません。


なぜかというと水槽の中に光の揺らぎを表現する為に
基本的には蓋はしないそうです。


光の揺らぎ


確かに海のなかってこんな感じですよね^^


いろにふれるブース


ブースの中も色の演出があって時間が経つと色が変わったり
ちょっと薄暗い感じで雰囲気もいいです。

Sponsored Link


「すがた」にふれる


生きものの形というのはそれ自体がアートで
展示物以上のすごい姿を見せてくれます。


すがたにふれる
これは水族館なのかと目を疑う程の
博物館のような幻想的な雰囲気です。


ミナミハコフグ
こちらはみんなのアイドル、ミナミハコフグです。


これを海で見つけた時は2時間追いかけまわしました^^


ネッタイミノカサゴ
派手なヒレが特徴的なネッタイミノカサゴです。


このブースでは姿や形に特徴のある生きものを集めて
鏡を使って見やすい工夫をしています。


そして私が一番注目したのはこれです。


ニシキアナゴ
これはチンアナゴの仲間のニシキアナゴです。


普段は砂の中から顔を出して伸びたり引っ込んだり
可愛らしい姿を見せてくれるんですが、ここではちょっと違います。


ポリマーを使って本来見られない砂の中の様子を
見られる
という画期的な工夫がされています。


それを見てみると…


本来のチンアナゴ
中まで丸見え!なんですが…
これがちょっと気持ち悪いです^^;


ニフレルを訪れたお客さんの中にチンアナゴが好きな方が
いましたが、この真実の姿を見てちょっとだけ嫌いに
なってしまったそうです(笑)

Sponsored Link


URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top