Read Article

匂いと臭いの違い!その使い方マナー違反!?

この二つの「におい」使い分けてますか?

私は使い分けてないです(笑)今までは違いがよく分からなかったのでほとんど「臭い」の方を使ってました。でもこれって場合によっては読み手の失礼になるみたいなんです。

知らなかった…


自分だけの問題なら絶対に直さないけど、相手もかかわってくるとなると考えずにはいられないですよね。


スポンサードリンク



ということで「匂いと臭い」どういう場面で使い分けていけばいいのか。またどういう使い方をしてしまうと失礼に当たるのかをしっかりと調べましたので、ここでシェアしたいと思います。

匂いと臭いの違いは?

【匂い】
  • 良いにおいの時に使う
  • 感情がポジティブになるようなにおい
  • 目の前がお花畑が広がるような視覚的表現に使う時もある
【臭い】
  • 基本的にくさいにおいの時に使う
  • 良いにおいの時にも使える
  • においを感じた時の臭覚のみの表現
匂いは良いにおいの時に使われますが、臭いと違って悪いにおいの時には使われないので気を付けましょう。

臭いは良いにおいの時にも使うので色々な場面で使われていますが「臭い(くさい)」とも読めるので間違われないように匂いが使われることが多いようです。

何となくのイメージでも「匂い」は良いにおい「臭い」は悪いにおいって感じがしますよね。


使い方によってはマナー違反!?

鼻をつまんだ男性
ここでひとつ注意しなければならないのは、「におい」は人によって感じ方が違うという事です。自分にとっては良いにおいでも相手にとっては悪いにおいに感じていることもあるんです。またその逆もあります。

自分にとって悪いにおいだからって「臭い(におい)」を使ってしまうと、もし相手にとって良いにおいだった場合失礼になるときがあるということです。その代表的な例はタバコです。

今まさに禁煙ブームで喫煙者の肩身は狭いです。タバコが吸えるスペースがどんどん無くなっている中でちょっとでも喫煙スペースがあろうものなら、ここぞとばかりにタバコを吸うでしょう。

そこへ通りかかった人達がタバコのにおいが臭いというのは当然といえば当然なんですが、それでもタバコが好きという人がいることは事実です。


すこし話しがそれましたがそういう人がいるなかでちょっとでも相手のことを考えるならタバコの臭い(におい)という字を使わない方がいいのかもしれません。

そういう時は「匂い・臭い」ではなく状況に応じて平仮名の「におい」を使ってください。そうすることでどんな人にでも失礼にならずに対応できます。でも相手が100%タバコを吸わないとわかっているなら大丈夫ですよ^^


スポンサードリンク

さらに良い匂いの時は…


最高に良い匂いの時は香を使う
香り」と聞くともう良いにおいのイメージですよね。最高に良い匂いのとき、快感を感じるほどの匂いの時には「香り」を是非使ってみてください。

「この香水すごく良い香りね~」って、匂いっていうのとはちょっと感じが違いますよね。よくテレビのCMで芳香剤から匂いのイメージでお花が画面いっぱいひ広がるシーンがありますよね?

そんなシーンが頭をよぎったら是非「香り」を使ってみてください^^

さらに悪い臭いの時は…


最高に不快に感じる臭いの時は悪臭を使う
臭い」自体でくさいイメージなのに「悪臭」と聞くと最高にくさいイメージですよね。顔をしかめるほど不快な臭いを感じたら迷わず悪臭を使いましょう。

一応基準があるのですが全体の70%、だいたい3分の2以上の人が不快を感じたら悪臭です。この基準でいったらさっき話したタバコは間違いなく悪臭なんでしょうね^^;





タバコを例にあげましたが良い匂いでありそうな香水なども人によって好き嫌いがあるので相手が好きかわからない時は「におい」を使った方がいいですね。

それと何となくそれらしい気配が感じられる時に「不正がにおう」などで使われる「におい」も平仮名がベストです。

こうして見てみるとちょっとした言葉の違いで印象がまったく別物になってしまうんだなと痛感します。こういった些細な事で相手を不快にしてしまうのはとてももったいないですよね。

普段から相手の事を考えることで言葉の選び方が変わってくるものだと思います。言葉を正しく使ってより良い人間関係を作っていきましょう。

あ、一つ思い出したけど「体臭」も「におい」を使った方がいいですね^^


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top