Read Article

お化けと幽霊と妖怪の違い!夏の風物詩を徹底調査!

夏の風物詩である怖い話。

そこに登場するものはどれも怖いものばかりですよね。でもよーく考えるとお化けや幽霊や妖怪ってどこが違うんだろ?って些細な疑問がわいてきました。そんな疑問から興味がわいて調べて見ました。

そしたら意外な事実がわかったのでシェアしたいと思います。


スポンサードリンク



お化けと幽霊と妖怪は何が違うの!?


何のなくイメージとしてはお化けは「お化け屋敷」とかアトラクション的な感じがします。

幽霊は「肝試し」とか「心霊スポット」とか実際に出てきそうな感じで、妖怪は「ゲゲゲの鬼太郎」とか物語の中の登場人物なのかなって思いました。

実際はどうなの詳しく見ていきましょう。

お化けとは


一般的にお化けとは本来あるべき姿から大きく変化したもの、いわゆる化け物のことです。それを幼児語のように柔らかく言ったものがお化けだといわれています。

ということは妖怪変化とか狐や狸が人を化かす為に変化するのもお化けということになりますね。

幽霊とは


幽霊は知っている人も多いと思いますが人間の霊魂ですね。死んだ人の霊魂が霊界に行けずに人間界に留まっているということです。「人が未練や恨みをもって死んだときは成仏できずに現世をさまよっているんだよ…」っていうのは怖い話の定番フレーズですね。

そして人間の霊だけかと思ったらそうではないみたいです。動物や植物や無生物から生まれた霊体も幽霊になるそうです。ということは実体のない幽体というのがポイントですね。月夜

妖怪とは


妖怪とは読んで字のごとく妖(あやしい)怪(もののけ)で、あやしい事や得体のしれないものは妖怪とされています。というと妖怪のくくりはかなり広そうです。

一般的には化け物、お化け、怪異、幽霊、精霊(神)、UMA… あれっ?これ全部ですね^^;

確かに調べてみると他の二つにくらべて妖怪の資料は膨大でした。それだけ妖怪は広い意味で使われているんですね。

もう少し細かくいうと、人の姿をしているが人の霊魂ではないものや恨みをもって死んだ存在や祟りをなす怨霊。特殊な能力をもつ霊や動植物、無機物がばけたもの。神様や架空の存在や謎の現象。

やはり妖怪はすべてを表しているものというのがわかりますよね。

じゃあ違いは?


この3つの違いのポイントは
  • お化け:本来あるべき姿から大きく変化したもの
  • 幽霊:人間、動物、植物、無生物などの実態のない霊体
  • 妖怪:あやしい事や得体のしれないもの
こうやって見てみると幽霊はハッキリと違いが分かりますね。それに比べてお化けと妖怪はコレ!というものがなく何だかうやむやな表現です。いろいろ調べてみても全部ひっくるめてお化けともいえるが妖怪ともいえそうです。

でもそれでもお化けと妖怪を使い分けたい!って思いますよね。ここまできたら後には引けません。もっと掘り下げて調べてみましょう。


スポンサードリンク

諸説あるようですが、どうやら幽霊はお化けではあるけど妖怪ではないという意見もあるみたいです。確かに幽霊はお化けだな~って感覚はあります。お化け屋敷なんて完全に幽霊ですもんね(笑)ということは幽霊以外のお化けが妖怪ということなんでしょうか?

でも幽霊から妖怪になったものもあるそうです。怖い話では有名な「口裂け女」ですがこれはもともと幽霊だったものが変化して妖怪になったとようです。たしかに口裂け女は完全に妖怪ですよね。

そこで私なりの解釈ですがお化けは人を化かすものの化けた姿で、妖怪はなるべくして化けてしまったものと考えるとしっくりくるのではないかなと思います。

これも妖怪!?


妖怪のくくりは幅広いのですが中でも特殊なものがあります。むかしは不思議なことや災害も妖怪の仕業だと思われていたそうです。その中には山彦、木霊、河童、虹、洪水、干ばつ、etc…、と聞いたことがある伝説の生き物から今でも普通に起こる自然現象まで様々あります。

いまでは山に声が跳ね返ってくるという山彦は科学的に解明されていますが、昔の人はこの不思議な現象を山の木霊という精霊が人の声を真似して返していると考えていたそうです。

そして虹や洪水や干ばつなどの自然現象や災害も妖怪の仕業だと考えられていました。人はわからない事はすごい恐怖なので妖怪の仕業とすることで理由をつけて自分を納得させていたんでしょうね。





今回はいろいろ調べてみてわかって事は、この3つは少しずつ被っているけどやっぱり違いがあるということですね。

幽霊の認識はもともとの認識と変わらなったので一般的な幽霊のイメージで間違いないです。お化けと妖怪の違いが微妙なので今回は私の独断と偏見で解釈しました。

この違いを知っているだけで怖い話やテレビを見た時に少し見方が変わると思うので、面白くなると思いますよ。


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top