Read Article

サービスエリアとパーキングエリアの違いを知って、高速道路も楽しい旅の思い出にしちゃおう!

高速道路を運転している時にサービスエリアパーキングエリア
どちらに入るか迷ったことはありませんか?

迷っているうちに通り過ぎてまたしばらく次が出てこなかったという経験はよくあります。私は優柔不断なのでそんな事はしょっちゅうです^^;

最近では大規模な施設が充実している楽しそうなところもいっぱいあります。旅行などで高速道路を利用した時に現地までノンストップで行くのもいいけど、そういったサービスエリアで休憩するのも楽しい思い出の一つになると思いませんか?


スポンサードリンク


そこで、まずサービスエリアとパーキングエリアの違いは何ぞやというところから知ったうえで、これらの施設を隅々まで活用して楽しい思い出を作りましょう。

サービスエリアとパーキングエリアの違いとは?


実際に高速道路を走ってみるとサービスエリアとパーキングエリアで標識が違いますよね。それを見るとサービスエリアの方が標識も賑やかで何となく規模が大きいのかなと伺えるところがあるのですが実際にはどうなのか詳しく見ていきましょう。

サービスエリアの定義


サービスエリアの根本的な考え方は「人と車に対して最高のサービスを提供する」とういことを前提に設置されています。確かに最高のサービスというだけに色々な設備がありますよね^^

主な施設はこちらです。
  • 広い駐車場
  • トイレ
  • インフォメーションセンター(案内所)
  • 飲食店
  • 売店
  • 大規模な休憩エリア
  • ガソリンスタンド
他にもシャワーやマンガ喫茶、温泉や宿泊施設があるところもあります。そして場所によっては多少誤差がありますが、サービスエリアは50kmごとに設置してあります。

なので一度通り過ぎると50kmは出てこないので気を付けましょうね^^;


続いてパーキングエリアについて見てみましょう。

パーキングエリアの定義


パーキングエリアの根本的な考え方は「人に対して最低限の生理現象を満たす施設を提供する」という事を前提に設置されています。要はトイレと飲み物ってことですね。

なのでパーキングエリアにある主な施設はこちら。
  • 小さな駐車場
  • トイレ
  • 自動販売機
  • 小規模な休憩エリア
必要に応じて売店やガソリンスタンドが設置されています。そしてパーキングエリアの設置間隔は15kmとサービスエリアよりは狭い間隔になっています。

でも考えてみると急にトイレに行きたくなってじゃあ後50km我慢してってなったら間に合わないですよね^^;

ちなみにサービスエリアとパーキングエリアを合わせると
SA→PA→PA→SA→PA→PA→SA

SA(サービスエリア) PA(パーキングエリア)
となっていてそれぞれの間隔は15kmです。なので急にトイレに行きたくなっても安心ですね。

さて、それぞれの特徴を見てきましたが利用したことがある方はそんなハッキリとした違いがあったかな?と首をかしげると思います。思い出してみると確かにどこに行っても施設が充実している印象しかありません。

では、実際のところどうなのか調べたので見ていきましょう。

今ではそんなに違わない!?

家族でドライブ2005年に日本道路公団が民営化されてからだいぶ変わったみたいですね。一般企業になったからにはサービスを向上させてお客さんに満足してもらうということが使命になったからとにかく施設を拡大してきました。

それでサービスエリアとかパーキングエリアとかのカテゴリーにとらわれずに発展したから違いがあまり無くなったですね。それでも元々の土地の大きさがあるのでパーキングエリアよりサービスエリアの方が規模が大きい所が多いみたいですが。

やっぱり民営化って大事なんですね~。

こんなところもある


一般的なサービスエリアとパーキングエリアの違いはわかってもらえたと思いますが、それ以外にも普通とはちょっと違う特別なサービスエリアもあるのでご紹介します。

ハイウェイオアシス
一部のサービスエリアやパーキングエリアに設置されている高速道路の外にある施設で、駐車場に車を止めて利用できます。観覧車のある商業施設や温泉に宿泊施設まであります。

オススメは東海北陸道の川島パーキングエリアにある水族館と伊勢湾岸道路の刈谷パーキングエリアにある商業施設です。

エクスパーサ
NEXCO中日本に設置されているサービスエリアのグレードアップ版です。普通のサービスエリアよりフードコートがグレードアップしていて売店もデパ地下並みに商品がそろっています。

そして新東名ではさらにグレードの高いネオパーサなるものがあるそうです。上には上があるんですね~。とりあえず行ってみたいです^^

おすすめサービスエリア


個人的に好きなサービスエリアを独断と偏見でお勧めしたいと思います。

今回ご紹介するのはこちら

海老名サービスエリアです。


海老名サービスエリアは神奈川県にある唯一のサービスエリアで東名高速道路に設置されています。そして上下線合わせた利用者は、1日平均6万人と全国で1番です。神奈川出身の私も自慢のサービスエリアという事なんですね^^

特に上り線は先程ご紹介したエクスパーサでEXPASA海老名なんです。一度行ってみるとわかりますが、とにかく施設の充実ぶりが半端ないです!フードコートに至ってはお店があり過ぎて絶対に迷います^^;


スポンサードリンク

ここを目的地としてもいいくらいの場所なんですが高速道路に乗らないから利用できないと思ってないですか?

実はここ外からも入れちゃうんです


上り線だけなんですが「ぷらっとパーク」といって外からの利用者向けに入り口があって24時間入れます。ちなみに入場は無料です。近くには24時間無料の駐車場があるのでいつでも利用できます。

海老名駅からは本数は少ないですがコミュニティバスが出ていて、入口の真ん前でおろしてくれるので便利ですよ^^

それと裏情報なんですが…

実は下り線にも入れちゃうんです


下り線の方に回って従業員専用の通用口から入ると下りの海老名サービスエリアに入れます。本当に何もないただの通用口なので入る時はかなりドキドキしますが。

でもこれ公認なんですよね。案内にも下り線もご利用できますってちゃんと書いてあります^^ だから安心して利用してみてください。





ここまでサービスエリアとパーキングエリアの違いをご紹介してきましたが、今ではほとんど違いが無いというのが現状みたいですね。

施設の規模がどんどん大きくなって車の休憩所というより大きなショッピングモールのようになっていてそれだけでも楽しめそうです。なのでこれからはサービスエリアやパーキングエリアを途中の目的地として旅のプランに組み込んでみてはいかかでしょうか。

きっと一味違った楽しい思い出になると思いますよ^^


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top