Read Article

五月晴れの意味は?間違った使い方が本当になった理由

最近、テレビの天気のコーナーでお天気お姉さんが「今日も五月晴れで気持ちのいい1日になりますよ♪」って言ってますよね。でもこの使い方、実は間違いなんですよね~。実は僕も最近知ったんですよ^^

本当の意味を知っていると正しく使えるし、さりげなく本当の意味を教えてあげるとちょっとカッコいいですよね。

今回は、そんなさりげなく使っている「五月晴れ」について徹底的にリサーチしたので活用してみてください。


スポンサードリンク


五月晴れの意味


五月晴れは5月の晴れた日と思っている人がほとんどだと思いますが本来、五月晴れは梅雨の日の晴れ間という意味合いがあります。

なので梅雨と言えば6月ですよね?沖縄、奄美地方はもしかしたら5月に梅雨入りしてしまうかもしれませんが、全国平均で言うと6月から7月の半ばにかけて梅雨ということになります。

ではなぜ6月なのに五月晴れなのかというと、答えは旧暦にありました。旧歴というのは明治5年の12月2日まで使っていたんですね。そしてその次の日に改暦をして明治6年の1月1日としたもんだから1ヶ月飛ばしちゃったんですね。

明治の人も思い切ったことしたもんですね^^; なので今の6月は旧暦でいうと5月になるんですね。なるほどですよね~。そして5月が梅雨でその合間の晴れだから五月晴れということになったんです。

ちなみに旧暦では5月のことを皐月(さつき)と書くんですけど、そのなごりで五月のことを「さつき」と読むんですね。青空

間違った使い方が本当になった!?


では今使っている「五月晴れ」本当に間違っているのかというと、あながちそうでもないんですよね。テレビとかではまだ梅雨入りしていないのに使っているので、間違いなく本来の意味では使ってないですよね?

でも気象庁のホームページにはしっかりと「5月の晴天」と書いてあるんですね~。そして備考欄に「本当は旧暦の5月からきている言葉で梅雨の日の晴れ間を指していた」と、ちゃんと過去形になっているんです!これには驚きました。

ということはやっぱり今の使い方は間違いではないってことですね。う~ん、気象庁が言ってるんだからしょうがないか^^;

五月晴れを本当の意味で使うと…


とは言っても本来は梅雨の日の晴れ間という意味でも間違いではないので使っていいと思うんです。ただ何も知らない人に「6月なのに五月晴れって何言ってんの?」ってバカにされる可能性はあります。間違っていないのに…。


スポンサードリンク

なのでそんな事態を避けたいならば5月中に使ってしまうのが賢明です。存在感を出したいなら自信を持って本当の意味で使ってみてください^^

五月晴れあるある


小春日和との違いは?
よく違いはなんだろう?と思われている「小春日和」ですがまったく意味は違います。そもそも小春日和を間違って使ってるパターンが多いです。

「小春日和」とは「秋の終わりから冬の始めにかけて温かく穏やかな晴れの日」のことを言うので、春に使っている人をよく見ますが本来は秋に使います。僕も思いっきり春に使っていました。自信満々に。。

そして間違った意味では春なので4月と五月晴れの5月が近いので間違われやすいということなんです。

五月晴れを英語で言ってみた
なんとなく気になったので五月晴れを翻訳機に突っ込んでみました^^
その結果は…

Early summer bright day during the rainy season

直訳すると初夏の雨季の間の明るい日ということになります。初夏は6月なのであってますね。梅雨は雨季だしその間の明るい日は晴れということですよね?完璧にあっています!しかも本来の意味の方で。

英語ではあっているのに日本語だと本来の意味から変わってしまってるなんて、なんか不思議ですね。





時代の流れと共にいろんなことが変わってきていますが、言葉も例外ではないようです。「赤信号、みんなで渡れば、怖くない」のように間違った意味で使っていてもみんなが使っていればそれが事実になってしますんですね。

むかし僕が小学生だった頃、友達が「五月晴れ、空へ抜けてく、田植えの屁」という俳句なのか何なのかわからない言葉を連呼していました。あの意味は未だによくわかりません^^;

これで「五月晴れ」の正しい意味がわかったと思うので、「ちょっと自分知ってるんです」みたいな感じで身近な人にカッコよく教えてあげましょう!


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top