Read Article

政府専用機の機内に潜入!CAの正体は?新型機777も紹介!【ミヤネ屋】

先日、ロシアとイギリスを訪問するために、安倍首相夫妻が政府専用機で出発しました。


よく飛行機に乗り込むところがテレビで見られますが、あの飛行機です^^

Sponsored Link


天皇皇后両陛下や総理大臣などの要人が使用する飛行機で、その特殊な役割と機能から空飛ぶ官邸とも呼ばれています。


今回は普段は絶対に見られない政府専用機の機内に「ミヤネ屋」が潜入していたのでご紹介します!


政府専用機が格納されているのは北海道の千歳基地!


北海道千歳市にある航空自衛隊千歳基地といえば、北海道地域に接近侵入してくる国籍不明機から北の空を守る最前線ですよね。


そんな基地の一角にある格納庫に政府専用機は保管されています。


実は政府専用機の管理や運行しているのは航空自衛隊で、機長を始めとする乗組員や整備士は全て航空自衛官なんです。


要人が乗り降りするのは羽田空港ですがわざわざ遠くの千歳基地に保管されているのは、自衛官らが日々管理や訓練を行うためだそうです。


格納庫にある政府専用機
赤いラインに巨大なエンジン、尾翼には日の丸。


これぞニュースなどで目にする政府専用機ですね^^


機体はジャンボジェットの愛称で知られるボーイング747型機です。


そして政府専用機だけに乗ることができるのは、天皇や首相などの要人ということになります。


乗ることができる要人
  • 天皇・皇族
  • 首相
  • 国務大臣
  • 国賓・賓客
  • 最高裁長官
  • 衆・参議院

また近年では2004年自衛隊のイラク派遣や2013年アルジェリア人質事件など、邦人救出自衛隊の派遣や海外で事件にあった日本人の救出にも使われます。


そして民間の同型機は約400席なのに対し政府専用機の定員は約150人となっていて、その分内部は特別な仕様になっているんです。


ずいぶん広々使ってそうな感じですよね^^

Sponsored Link


普段は絶対に見られない政府専用機に潜入!


今回その機内を案内してくれるのは、航空自衛隊特別航空輸送隊の鈴木一成さんです。


一般客室
機内の後ろ側は一般客室になっていて、私達が普段乗る飛行機と似たような感じです。


おもに同行する記者が乗る席で、プレミアムエコノミー相当の席になっています。



運賃を支払えば記者も乗れるみたいです^^


民間機と同様に音楽や映画鑑賞もでき、壁にコンセントがついているのでパソコンなどの仕事もできます。


政府専用機のCAの正体は?


客室乗務員
この綺麗な客室乗務員の尾崎陽子さんです。


どこにでもいる普通のCAさんかと思いきや、なんと航空自衛官なんですよ^^


実はこの政府専用機は機内サービスも含めて客室業務は航空自衛官が担当しています。


数ヶ月民間の航空会社で研修を受けるそうです。


ちなみに機内サービスのドリンクにはリポビタンDがあるみたいです。


同行する記者への配慮も素晴らしいですね^^

Sponsored Link


次のページへ続く
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top