Read Article

しそを長く保存させるには乾燥が一番!保存方法を簡単に教えます!

しその保存方法はいろいろあるけど長く保存するには「乾燥」させるのが一番です。

乾燥させるのに時間がかかるのかと思ったら意外にもレンジでチン♪でいいみたい。

今回はしその乾燥保存の方法をサクッと教えちゃいます^^

別の方法で保存したい場合はこちらの記事を参考にしてください。
しその保存は冷蔵庫で!保存方法のレシピはこれだ!
しそは冷凍保存できる!?保存方法を徹底調査!

スポンサーリンク


しその乾燥保存

しその乾燥保存
©きよパパの隠れ家/クックパッドより引用

用意するもの
  • しそ
  • キッチンペーパー
  • クッキングシート


・まずは、しそを洗ってしっかり水気を取ります。

乾燥すると量がへるので余ってるしそを全部使っちゃいましょう。

・キッチンペーパーで完全に水気を取ります。

乾燥を早める為にしっかりと水気を取ってください。

・クッキングシートにしそを並べます。

しそを開いて重ならないように並べてください。

・レンジを500wに設定して1分ずつ様子を見ながら乾燥させます。

何回かチンしてカラッカラに乾燥させてください。

・レンジから取り出しクッキングシートでくるんで粉々にします。

お好みで粉々具合を調整します。

・密閉できる蓋つきのビンに入れたら完成です!

スポンサーリンク


乾燥材を入れると湿気が入らずに保存期間を長くすることができます。

ご飯にふりかけてもよし汁物にふりかけてもよし

なんにでも合う乾燥しそふりかけぜひお試しあれ^^

しそ巻きの作り方


美味しそうなしそ巻のレシピを見つけたのでご紹介します。

用意するもの
  • しそ巻き粉もしくは餅粉 150g
  • しそ お好みで
  • 味噌 150g
  • 砂糖 100~150g
  • 酒 200cc
  • ごま 少々
  • くるみ 少々
  • 揚げ油 お好みで
  • 一味唐辛子 少々)


スポンサーリンク


・まずは、味噌150gと砂糖100~150gと酒200ccを合わせ、火にかけてまぜます。

しっかりとまぜながら火にかけます。

・煮立ってきたらごまと唐辛子と刻んだくるみを入れます。

まぜたら少し冷まします。

・しそ巻き粉をちょっとずつ入れて、だまにならないようにしっかり混ぜて、耳たぶくらいの柔らかさにします。

手でつまんで持ち上げられるくらいの硬さがベストです。

粉を全部入れてもまだ柔らかいときはちょうどいい硬さになるまで粉を加えます。

・それを袋に入れて広がるように伸ばします。

2~3時間から一晩寝かせます。

このまま冷凍保存することもできます。

・しその葉の裏側に寝かせたみそをのせて、葉の付け根の方から巻いて爪楊枝に4個くらいずつ刺します。

巻き方は付け根からでも葉の先からでもどちらでも大丈夫です。やりやすい方で。

・油は130~140℃の低温でゆっくり揚げて、しその色が鮮やかになったら取り出す。

動画がわかりやすいのでこれを参考にしてください。

軍艦巻きにのせても美味しそうですね^^

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Return Top