Read Article

しそは冷凍保存できる!?保存方法を徹底調査!

しその風味ってとってもいいですよね。サラダやお肉に合うし薬味にだって使えます。和風おろしそハンバーグは絶品です^^

でもスーパーとかで買うといっぱい入ってるのでいつも使い切れないんですよね^^; でもすぐに使わないと萎れてヨレヨレになっちゃうので保存に困ります。

そこで調べてみたら冷凍での保存の仕方を見つけたのでシェアしたいと思います。


別の方法で保存したい場合はこちらの記事をご覧ください。
しそを長く保存させるには乾燥が一番!保存方法を簡単に教えます!
しその保存は冷蔵庫で!保存方法のレシピはこれだ!


スポンサードリンク


どうして冷凍保存がいいの?


冷凍保存のメリットはやっぱり保存できる期間が長いというところでしょうか。なんでもそうですがとりあえず冷凍しとけみたいな(笑)

そして一度切ってしまったしそはすぐに使わないとダメになってしまうのですが冷凍保存ならOKです。そして冷凍保存の仕方にもいろいろ方法があるのでそれぞれ見ていきましょう。

そのままでの冷凍保存


その1
しそを買ってきたけど結局使わないことってありますよね。そんな時は開封せずにそのまま冷凍庫に入れちゃいましょう!

そのまま冷凍するとしそがくっついて一枚ずつ剥がせないので使う時はハサミで切って使います。余ったらラップに包んでまた冷凍庫で保存します。見た目はよくないけど風味は十分楽しめますよ^^

その2
開封して切っていないしそが余った時や自家栽培で収穫した時にはこの方法がいいと思います。

大葉を洗ってから水気をしっかり拭き取り茎の部分を指でちぎって2~3枚を重ねて(1回で使いたい分)ラップに包んで冷凍庫に入れます。

使う時はラップごともみくしゃにしてしそを粉々にして使います。解凍しちゃうとフニャっとして粉々にならないので使う直前に冷凍庫から取り出してください。

切ってから冷凍保存

しそ
その1
しそを切って余ってしまった時や刻んでから保存したい時はこの方法がいいです。

しそを水洗いしてしっかりと水気を拭き取り細かく切ってからジップロックなどのフリーザーパックに入れて空気が入った状態で冷凍庫で凍らせます。

しそが凍ったら一度取り出して袋ごと揉んで粉々に砕きます。十分粉々になったら空気を抜いて冷凍庫で保存します。使う時にはふりかけのようにサッとかけられるので、とても便利ですよ^^

その2
千切りの状態で使いたいときはこの方法がいいです。

しそを洗ってしっかり水気を拭き取ってから千切りにします。キッチンペーパーを広げてその半分のところにだけ切ったしそを広げていきます。まんべんなく広げたらキッチンペーパーをしそを包むようにして半分に折っていきます。

それを更に半分に折ってジップロックなどのフリーザーパックに入れて冷凍庫で保存します。

冷凍保存のデメリット
しそは味を楽しむというより風味を楽しむという食材なので料理で使う時は香りが出来るだけ残るように調理するものですが実は冷凍してしまうと香りが少なくなります

完全になくなってしまう訳ではないですが、状態によってはほとんど香りが無くなってしまう事もあります。なので絶対に風味を損ないたくない場合は冷凍保存はお勧めしません。

冷蔵庫で上手くやれば風味を残しながらある程度は保存できるのでそちらを試してみてください。しばらく使わないしとにかく長期間保存しておきたい時は冷凍保存をお勧めします。

しそは切ると匂いの袋が破れて香りを出してその後は香りが減ってくるので冷凍保存で少しでも香りを残しておきたい時は切らずに保存する方が良いです。

しそがダメになったサイン


長期間保存できると言ってもダメそうなら食べない方がいいです。それでは見分け方を見ていきましょう。
  • カビが生えている
  • 変色しすぎている
  • 萎びすぎている


カビが生えていたら問答無用でダメですね。カビ自体を取っても根っこは全体に張り巡らされているので食べないでください。変色しすぎていると腐りかけているのでどの位かは状態によるので怪しいなと思ったらやめておきましょう。


スポンサードリンク

萎びすぎているのも腐ったりカビが生える前兆だったりするのでやめておきましょう。冷凍した場合は萎び具合はわからないと思うので上記二つのカビと色で判断してください。

新鮮なしその選び方


新鮮なしそはそれだけで持ちもいいのでスーパーで買う時は出来るだけ新鮮なものを選びましょう。
  • 鮮やかな色をしている
  • 香りが立っている
  • 葉先までピンとしている
  • みずみずしい
  • 変色していない

鮮やかな色をして変色していないのは見たらすぐに判断ができると思います。それと葉先までピンとしているのとみずみずしいのはよくみて下さいね。

そして香りが立っているかは袋に入っているのはわからないと思うので見た目でわかる部分で判断してください。もしくは隙間から匂いを嗅いでみてください。

まとめてみると鮮やかな色をして葉先までピンとして香りが立ってみずみずしいの選ぶといいですね^^

こんな保存方法も


冷凍保存ではないですがとってもいい方法があったのでご紹介します。
大葉にんにく醤油
  • 大葉   20枚
  • にんにく  2片
  • 醤油
  • 蓋つきの空き瓶
使い終わった空き瓶や百均にある蓋つきの瓶など密閉できるものなら何でもいいです。

瓶の中に皮を剥いたにんにくと大葉を入れてヒタヒタになるくらい醤油を入れたら出来上がりです。

味が浸みてくるまで少し時間がかかりますが一度浸みてくると後は醤油を継ぎ足してもすぐに使えます。なのでちょくちょく継ぎ足しておくといつでも使えます。にんにくと大葉は足さなくて大丈夫です。

保存方法というよりは余り物の活用法ですがこの大葉にんにく醤油はいろんな料理に使えるのでとっても重宝します。そして醤油を付け足していけば無限に使えるくらい長期間保存できます。





しそはやっぱり欠かせない食材ですね。一度しその良さを知ってしまうと使うタイミングが劇的に増えてきますよね。冷凍保存しておくといつでも使えますが香りはどうしても減ってきてしまうので自家栽培をするのが一番だと思います。

実はうちも自家栽培しているんですよね^^

春から秋までの間なら庭やベランダで小さい植木鉢があれば栽培できます。いつでも好きな時に好きなだけ新鮮なしそが使えるので一度、しそを育てるのにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。絶対にハマると思いますよ!


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top