Read Article

天皇陛下も税金を払ってる!?生前退位で受け継ぐ三種の神器の贈与税は?

いま天皇陛下の生前退位が話題になっていますよね。


ちょっと残念ですが天皇陛下の大変さを考えると、仕方がないことなのかなと思います。


生前退位に当っては色々と問題があるみたいですが、その中の一つに税金に関するものがあります。

Sponsored Link


それは退位する時に譲られる三種の神器をはじめとする500以上の由緒物が、贈与税の課税対象になるかもしれないからです。


というかその前に天皇陛下って税金払うんですかって思うんですけど^^;


今回は天皇陛下の収入や税金、三種の神器は贈与税の課税対象になるのか?などをご紹介します。


天皇陛下の収入は?


生前退位は誰も経験がないのでいろいろと議論になるのはわかりますが、税金って天皇陛下と一見関係なく思えます。


そもそも天皇陛下の収入ってどれくらいなんでしょうか


天皇陛下の収入は国の予算から内廷費として支給されています。


まあなんとなく国から出てるのかなとは思ってましたよね^^


支給されるのは天皇皇后両陛下と皇太子様ご一家で、合わせて3億2400万円です。


個人的な意見ですが天皇陛下の貢献度からするともっと支給されてるのかと思いましたが、それでも結構な額ですよね^^;


私有財産は主に預金・株・美術品なんだそうです。


皇室ジャーナリストの近重幸哉さんによると、預金は銀行口座で管理しているそうです。


天皇陛下が口座を持ってるなんて意外ですよね^^


そして株は配当目的で積極的な運用売買はしませんが、私的運用アドバイザーの助言の元で運用を行うそうです。


使いみちはプライベートや宮中の祭祀の際の人件費などに使われるということです。

Sponsored Link


天皇陛下は税金を払ってる!?


日本税理士会連合会の税制審議会専門委員長を務める小池正明さんは、天皇陛下はちゃんと住民税を払っているといいます。


地方税である都民税と、皇居は千代田区にあるので区民税も納めているということです。


なんかちょっと身近に感じますね^^


所得税は内廷費にはかかりませんが、株運用の配当や出版で得た所得にはかかります。


ちなみに皇后陛下が作詞した「ねむの木の子守唄」の印税はすべて寄付されているそうです。


ねむの木の子守唄というのは皇后陛下が高校時代に作詞して、吉永小百合さんなどが歌ってヒットした曲ですよ^^


そして家があれば固定資産税がかかってくるわけですが、御所や御用邸などは国有財産のため両陛下が固定資産税を払うことはありません。

Sponsored Link


次のページへ続く
URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top