Read Article

トイレットペーパーの三角折りは危険!ノロウイルス感染のリスクがある!?【羽鳥慎一モーニングショー】

トイレを使用した時にトイレットペーパーを三角折りにしたことありますか?


私は普段しないんですが使う前に三角折りになっていると
使った後に三角折りにすることがあります。


トイレットペーパーが三角折りになっていると
ちょっとした心遣いを感じて気持ちいいですよね^^

Sponsored Link


でも清潔感さえ感じるこの三角折りですが
実はノロウイルスに感染するリスクがあるんです。


清潔だと思っていたのに逆に不潔だったとは驚きです^^;


今回はトイレットペーパーの三角折りがどうしてノロウイルスの感染のリスクがあるのか
「羽鳥慎一モーニングショー」で紹介していたのでシェアしたいとおもいます。


トイレットペーパーの三角折りは危険!ノロウイルス感染のリスクがある!?


このトイレットペーパーの三角折りは危険というのは
いまネット上で大きな話題になっています。


ことの発端はある病院のトイレの貼り紙です。


病院のトイレの貼り紙
「患者さんへのお願い:トイレットペーパーを三角折にしないで下さい。
用を足した後の手を洗う前に、トイレットペーパーを折ると、
便中や尿中(感染している場合)の細菌などの微生物が付着し、
細菌感染する可能性が高くなることがあります。」


冷静に考えると三角折りにする時って
確かに手を洗う前ですよね^^;


この投稿が拡散されて今まで気づいていなかった人も
三角折りの真実を知って大騒ぎになってるということです。

どうしてトイレットペーパーの三角折りは危険なのか?ノロウイルスや細菌がどう移るのか検証!


手を洗う前にトイレットペーパーに触ってる時点で
感染の危険があるというのは何となくわかりますが、
実際にノロウイルスや細菌がトイレの中でどう移るのか検証しました。


ブラックライトを当てると光る特殊な染料を手につけて
どこに付着したのかを見ていきます。


三角折りについた特殊な染料にブラックライトを当てた
かなりベットリと付いていますね^^;


裏側にも浸透していて下痢などの場合は
トイレットペーパー20枚通過する
こともあるそうです。


トイレのレバーに付いた特殊な塗料にブラックライトを当てた
全部終わってから水を流すので
レバーにもしっかりと付いてます。


トイレの蓋についた特殊な塗料にブラックライトを当てた
トイレのフタを閉めない人もいると思いますが
ちゃんと閉めてる人はここでも付いちゃいますね。


ドアノブに付いた特殊な塗料にブラックライトを当てた
ドアは体で押して開けるから大丈夫と思っていても
鍵を開ける時にしっかりと付きます。


こうやって見るともうどこにも触れないという気がしますね^^;


三角折りだけじゃなくてそもそもトイレはどこでも
感染のリスクがある
んじゃないでしょうか。


やっぱりトイレの後はしっかりと手洗いをする
というのが大事なんですね^^

Sponsored Link


夏でもノロウイルスは発生する!?


ノロウイルスは冬に感染する病気って思いますよね?


でも夏でもノロウイルスは発生するそうなんです。


一年中いるってことですね^^;


夏の暑い時期はノロウイルスの活動が弱くなるので
元気な人に感染しても気付かないということがあります。


じゃあ大丈夫じゃんと思うかもしれませんが
ここからが重要です。


感染に気付かない人は抵抗力の弱い子供やお年寄りに
うつしてしまう危険性が高い
んです。


なので自分や周りの人が元気だからといって
感染しないとは限らないので注意が必要です。



ホテルなどでは掃除の人がやっているので
すべての三角折りが危険というわけではないですが
用を足した人が直接するのは危険なのでやめましょう
ということですね。


そしてトイレというのはあちこちに感染のリスクがあるので
自分で予防するためにトイレの後はしっかりと手洗いを
することが大事
です。


もし三角折りを見たら感染のリスクがあることを思い出して
予防のきっかけにしてもらえたらと思います^^

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top