Read Article

梅雨入り2015!東京の予想を徹底リサーチ

ゴールデンウィークが終わって仕事が始まり少し億劫な気持ちになっていると程なくして梅雨入りのニュースが入ってきます。

始めは沖縄や奄美が梅雨入りしてもうそんな季節か~、でも東京はまだまだ大丈夫だよね!なんて言っているとあっという間に梅雨前線が接近してきますよ。

気象庁のデータから梅雨入りと梅雨明けの予想を徹底リサーチしたのでこれを参考にしっかりと準備をしましょう。


スポンサードリンク


2015年の梅雨入り!東京の予想


気象庁のデータでは各地方ごとに分けて速報を出しているので東京が含まれる※関東甲信の予想をしていきます。

ズバリ

梅雨入り6月7日

梅雨明け7月19日


※関東甲信:東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬 山梨 長野

梅雨入りの時期というのはぴったりその日から始まるのではなく前後5日の間に始まります。なのでメディアの発表もこの日じゃなくて「〇月〇日ごろ」と表現しています。

梅雨あるある


雨の日のカタツムリとアジサイ
梅雨入りしたのに最初に雨が降っただけでその後ぜんぜん雨が降らなかったり梅雨明けしたのに晴れることなく雨が降り続けることがよくありますよね。

基本的に梅雨入りしてもすぐには降らないのが普通ですし2、3日降ってその後1週間くらいまったく雨が降らない現象のことを「梅雨入り三日」というそうです。

そして梅雨が明けたのに雨が多いときがありますがその理由は3つあります。
  • 温帯低気圧によるもの
  • 積乱雲からくる「夕立」
  • ヒートアイランド現象による「ゲリラ豪雨」


近年はとくにゲリラ豪雨という言葉が流行るほど局地的な雨が多いですよね。

僕の感覚としては突然強風が吹いて雷がゴロゴロしだしたら高確率でゲリラ豪雨になるので、すぐに建物の中に入るなどして身を隠した方が安全です。


スポンサードリンク


2015年の梅雨入り!全国の予想


沖縄はそろそろ梅雨入りしそうですね。沖縄が梅雨入りするとだいたい一ヶ月ちょっとで日本中が梅雨入りします。

なので全国の梅雨入りの予想を一覧にしてみました。

梅雨入り梅雨明け
東北北部6月11日(木)7月26日(日)
東北南部6月10日(水)7月25日(土)
北陸6月11日(木)7月25日(土)
関東甲信6月7日(日)7月19日(日)
東海6月4日(木)7月20日(月)
近畿6月2日(火)7月18日(土)
中国6月7日(日)7月16日(木)
四国6月4日(木)7月15日(水)
九州北部6月1日(月)7月20日(月)
九州南部5月31日(日)7月12日(日)
奄美5月10日(日)6月29日(月)
沖縄5月9日(土)6月18日(木)

※気象庁のデータでは山口県は九州北部に含まれています。

ちなみに今、気象庁が発表している梅雨入り予報は「速報値」といって確定ではありません。梅雨入りが確定するのは秋から翌年にかけて検証し結果が出てから確定します。

だから毎年の梅雨の「予報」はあくまで「予想」なのです。

おもしろ情報


梅雨入り宣言はしない?
昔、気象庁は梅雨入りの宣言をしていたのですけどあまりにも当たらないので宣言をやめると発表しました。

でも天気が仕事に大きく影響する、農業関係や観光関係各庁からクレームがきたのか、今では「梅雨入りしたとみられる」と当たり障りのない表現で発表しているんですって。

北海道に梅雨はない?
今では聞いたことがある人は多いと思いますがでも本当に北海道に梅雨はないのでしょうか?梅雨とは梅雨前線がもたらす雨のことです。

この梅雨前線が北海道に到達する前になくなってしまうので北海道には梅雨がこないんですね。でもその代り「蝦夷梅雨」といって同じ時期に2週間くらい雨を降らせることがあるそうです。





今年は全国的に梅雨入りは速そうですね。梅雨明けも同じく早そうですので平年よりは時期が早まったという感じでしょうか。

それでも7月は梅雨が明けてからも雨が続くようなことがあるし、今年はもう台風が発生して予想では年間30個くらい出来るのではないかと言われています。

近年は本当に天気が変わりやすいので予報では晴れでも出先で雨に降られることもあるかもしれません。なので梅雨の季節は常に折りたたみ傘をカバンに入れておきたいですね(^^


スポンサードリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top