Read Article

腕時計の電池交換の値段!気になるお店3つの特徴

腕時計の電池が切れていざ電池交換に行こうと思ってもどのお店で頼もうか迷いますよね。

たいした時計でないならそこら辺の「電池交換できます」の看板が出ているお店に頼めばいいけど、大切な時計ならお店は慎重に選びたいですよね?

僕もいざ電池交換しようと思ってもどこに頼んだらいいのかわかりませんでした。

そこでいろいろリサーチしてきたので、まだお店を決めていないならこの記事を参考にして頂けたらと思います。

スポンサーリンク


腕時計の電池交換の相場


腕時計の電池交換に行くなら主に3つの選択肢があります。

ホームセンターで交換する
ホームセンターには何でも屋さん的なところがあってそこで電池交換もしてくれる所があります。

専門店ではないので技術が劣る分、安くやってくれます。値段の相場は500円~1000円てところです。

ただ作業中に傷が付いたり歪んだり交換後の電池のヘリが早かったり少しトラブルが起こりそうです。

時計専門店で交換する
時計専門店では確かな技術を持った職人さんが電池を交換してくれるので安心してお願いできます。

時計専門店は探せば意外と沢山あるので近場のお店に行くものいいです。値段の相場は1000円~3000円てところです。

ただ専門店とはいえ人がやっているので良し悪しがあると思います。可能な限り情報を集めて自分が信頼できるお店を選んだ方が得策です。

メーカーで交換する
自分の持っている時計のメーカーにお願いするのが一番確実です。間違いなくその時計の部品はあるし構造も知っているので失敗することはまずありません

ただパッキン交換やモノによっては防水テストもやってくれるので、少し高くつきます。値段の相場は3000円~6000円てところです。

そして全てのお店で言えるのがブランドや高級時計はお値段+アルファかかってしまいます。ものによって+アルファの値段が変わってくるので直接お店に問い合わせると良いです。

お店によっては断られることやメーカーに送られることもあるのでブランドものや高級時計はやはり確実なメーカーにお願いするのが一番だと思います。

スポンサーリンク


お店の選び方


時計を見て焦る男性
お店選びは持っている時計が自分にとってどの程度の価値なのかによって判断するといいと思います。

もう壊れてもいいような時計はホームセンターで安く済ませるといいですし、とても大切な時計であればメーカーに頼むと安心です。

壊れてほしくないけどそこまで価値のある時計でない時は、時計専門店でお願いすると値段もお手頃で技術もあるので安心かつリーズナブルです。

スポンサーリンク


防水加工の時計は電池交換できるの?


防水加工の時計は裏蓋を開けてしまうと部品を交換したり防水テストをしなければならないので普通のお店ではできないのですが、普段の生活で使うような日常防水の時計ならば設備が整っているお店であれば可能です。

5気圧や10気圧に耐えられる日常強化防水の時計は専門の道具が必要なのでホームセンターや時計専門店ではできません。お願い出来たとしても設備がないのでメーカー送りになります。

ただ日常防水になってもいいなら普通のお店で交換してくれるところもあるみたいです。裏蓋をあけてしまうと防水効果が低下してしまうので5気圧や10気圧の時計が日常防水にまで下がってしまうということです。

日常防水とは
日常防水とはどの程度の防水かというと

  • 手洗い      OK
  • 雨        OK
  • 汗        OK
  • お風呂      NG
  • 長時間水に浸ける NG
長時間水に浸けていると隙間から水が入り時計の中が錆びて動かなくなってしまうので汗をかいたときは軽く拭き取った方が安心です。

そして多くの人が気になっていることですが日常防水にすると二度と元には戻らないのかというとそうではないです。メーカーにお願いしてパッキンなどの部品を交換すると元の防水効果まで戻るそうなので安心してください。

心配なようであればメーカーに確認してから専門店で交換するといいと思います。ただダイバーズウオッチは日常防水になってもいいと言っても断られてしまいます。

ダイバーズウオッチ
水深100mや200mに耐えられる時計のことをダイバーズウオッチといいます。これはダイビングの時に水中で時間を見るために高度な防水を施しています。

なぜ水中で時間を見るかというと昼食の時間やおやつの時間が気になって… という訳ではありません。(中にはそういう人もいるかも笑)

これは酸素ボンベの酸素の残量から引き返す時間や浮上するタイミングを知るためです。この時間に引き返さないと帰りの酸素が足りなくなるという状況で、ダイバーズウオッチが故障していたら命に係わりますよね。

だから専門店ではダイバーズウオッチの電池交換を断っているのです。




今までに紹介してきた電池交換のやり方意外に自分で交換してしまうという方法もあるみたいです。

工具があれば裏蓋は簡単にあけられるのであとは100円均一などで電池を買ってくれば実質100円で済んでしまいます。ただ壊れる可能性もあるので壊れてもいい時計でやるか、そうでなければ専門店に持っていくのがいいと思います。

安く買った時計だから同じくらいの値段だったら新しく買った方がいいという人は多いんですけど、安い時計でも使っているうちに愛着が湧いてくるのでたとえその時計以上の値段がかかってもちゃんとした所で交換する価値はあると思います。

そして人が信頼のできるお医者さんに行くように時計も何十年も付き合っていける信頼できるお店を見つけることが出来るといいですね。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

この記事を見た人はこんな記事も見ています

Return Top