Read Article

ヤマカガシの毒は痛みがない!?見分け方を画像と動画でチェック!【every】

毒蛇の中でも強い毒を持っているヤマカガシって知ってますか?


先日、兵庫県宝塚市の山中で10歳の男の子が噛まれて
一時意識不明になった事故は記憶に新しいと思います。

Sponsored Link


このヤマカガシは日本でも広く知られていて、水田とか川の近くなど
比較的に私達の身近に生息してるみたいなんです。


最近私も近所の川沿いでヘビを見たのでもしそれが
ヤマカガシだったらと思うとちょっと怖いですね^^;


そこで今回は画像や動画を使ってヤマカガシの見分け方と
噛まれたときの症状など、その他の情報
を「every」で
紹介していたのでシェアしたいと思います。


ヤマカガシの毒はどれくらい危険?


あんまり聞いたこと無いヤマカガシが
どれくらい危険なのか気になりますよね。


そもそも日本に生息する主な毒蛇は3種類います。


ハブ
まずは沖縄とかでよく見る「ハブ」


マムシ
「マムシ」も名前はよく聞きますよね。


ヤマカガシ
実は「ヤマカガシ」もこの中に入っています。


あまり聞かないから珍しい毒蛇なのかと
思っていたので意外でした。


そして日本蛇族学術研究所によると血液に入った場合の毒は
ヤマカガシが最も強くてマムシの4倍、ハブの8倍もあるそうです。


この3種の中で一番ヤバイのがヤマカガシなんですね^^;


ヤマカガシの毒は痛みがない!?


毒が一番強いヤマカガシに噛まれるとどんな症状が出るのか
想像するだけでも怖いですよね。


実はヤマカガシの毒はマムシのように痛みがあったり
腫れたりしない
そうなんです。


痛みがないならちょっと安心。と思ったら大間違いですよ!


痛みが無いといっても毒は一番強いので
放っておくと危険です。



ヤマカガシの毒が体内に入ると傷口や歯茎などから出血し
激しい頭痛
などの症状が出ます。


そして酷い時には脳内出血や腎不全で死亡することもあります


1972年以降国内の被害状況は重症が50件
死亡が4件あったそうです。


ヘビに噛まれた後に痛みが出なかったとしても
出血が止まらなかったり頭痛の症状が出たら
すぐに病院に行くようにしましょう。

Sponsored Link


噛まれた時の対処法


毒蛇に噛まれた時はすぐに毒を抜き出す必要があります。


吸引器
吸引器があればそれを使って毒を絞り出します。


つねる
吸引器がないときは応急処置になりますが
手で傷口をつねって毒を絞り出します。


毒を絞り出しても重症化する恐れがあるので
すぐに病院に行くことが大事です。


ヤマカガシの特徴は?


今回10歳の男の子を噛んだヤマカガシは60cmほどですが
専門家によると大きいものは150cmにもなるそうです。


性格はおとなしくてマムシとは違って毒を持つ牙が奥歯あたりにあるため
噛まれても比較的に傷が浅いケースが多い
ようです。


なので1972年に中学生が死亡するまでヤマカガシは無毒とされていました。


ヤマカガシの見た目の特徴


緑色のヤマカガシ
今回、男の子を噛んだヤマカガシの場合は緑色っぽい感じです。


この種類は近畿地方に多いそうです。


動画の方がわかりやすいと思うので
似た感じのをユーチューブで見つけたので載せておきます。



あんまり緑色がわかりにくかったけど
黒のまだら模様が特徴ですね。


ヤマカガシ
この赤や黒のまだら模様のヤマカガシは
関東や東北に多く生息しています。


これも動画をユーチューブで見つけたので載せておきます。



これは赤と黒のまだら模様の特徴がよくわかりますね。


地域によって特徴が異なるのでチェックしておきましょう^^


ヤマカガシの生息地


ヤマカガシの生息地
ヤマカガシがどこにいるのかというと日本国内では
北海道と沖縄を除いた場所に生息しています


ほとんど全部ですね^^;


主に水田や河川敷などにいるので夏休みに家族で
山や川に行った時は注意してください。


ヤマカガシはおとなしい性格なので見つけても
近付いたり触ったりしないようにしましょう。

Sponsored Link

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top